メッキアジみりん干し焼き、ビンヨコ(キハダマグロ)のゆず塩タタキ

朝食兼昼食

・白米
・味噌汁(残りにネギ追加)
・メッキアジみりん干し焼き
・ほうれん草お浸し
・丹波納豆(これが一番美味)
・ジャガイモとカブのぬか漬け(カブのうまさは別格)

月曜朝、訪問鍼灸なので作り置き。施術受けた後に
食事。おいしかったです。
天気晴れていますが冷え込みます。

良い一日を

夕食

・ビンヨコ(キハダマグロ)のゆず塩タタキ(冷凍したのを自然解凍。絶品。
安いマグロで本マグロにはかないませんが、新鮮な塩タタキで美味)

・ガンモドキと白菜大根の味噌汁(煮物感覚で。絶品)
・白米
・ホウレン草お浸し
・白菜ぬか漬け

熱燗で一杯飲みました。食欲不振ですが、完食。
温もりました。

余話)
今日は訪問理容で散髪しました。サッパリ。
体の硬直もほぐれてきてあと一息という感覚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

50代男性 私大経済学部卒業  若いころから病気がち アルバイトや自営の仕事を転々とする 現在、自立支援医療、障害基礎年金2級 手帳2級の社会福祉制度利用者 2000年ベンゾジアゼピン服用(レキソタン、ロヒプノールなど) 2015年(40代の前半)にベンゾ常用量依存と 過労で倒れ自宅療養 当時服用していたベンゾジアゼピン系薬物の害毒を知り 2019年7月3日レキソタン断薬 一人暮らしなので自炊。食事の改善をはかる 現在はご飯とお味噌汁の一汁一菜の一日に食生活 障害年金と家族の支援を受けて生活しています。 先の不安を感じながらも 節約と療養に明け暮れる生活を送っています 薬害を受けてもないことにされるという資本主義社会の 矛盾に気づき社会福祉を受けることでマルクスの資本主義分析に共鳴