豚生姜焼き、豚丼、里芋、ゴボウ、レンコンの根菜味噌汁

朝食兼昼食
・豚生姜焼き


ヘルパーさんに生姜焼きつくってもらいました

自然豚ワンパック全部使われました
(トレイで二等分されているのに・
全部食べ切れず半分残しました。
味はまあまあでした。
中華だしの素使われましたが無い方がおいしかったはず
少し不満。

夕食
・豚丼
・里芋、ゴボウ、レンコンの根菜味噌汁(出汁:昆布)
・ナスぬか漬け(よく漬かって美味)
・出し殻昆布の酢醤油ゴマ和え

肉卵控えて節制するつもりが昨日の天つゆが余っていたので
昼の豚料理の残りと一緒にフライパンで煮込みました
溶き卵で仕上げ。絶品 
味噌汁も美味
昆布の出汁が本当によく出て根菜と合っていました。

肉を食いすぎましたが、小松菜、ブナシメジが入っています。
根菜味噌汁もあるので野菜は十分足りています。

刻みネギも足しました。これがまた絶妙な味わいでした。

大吟醸を納豆をあてにのみました。
なんだかんだで食べすぎです。。

食事療法は難しいですね。

余話)

せんねん灸をヨドバシで買いました。
はじめて自分でお灸をしました。

お香も炊いてアロマテラピー
さらに熱い番茶。
お灸、お香、お茶

ふわふわ落ち着きます。
精神薬はいりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。