小あじの塩焼き、鶏もも肉の八宝菜風


朝食兼昼食

ご飯
味噌汁(出汁:昆布、鰹節 具:しじみ、ジャガイモ)
目玉焼き(焼き方失敗しましたが甘くて美味。)
ポテトサラダ(昨日の晩につくりました。酢、菜種油、塩コショウのみ)
小あじの塩焼き(スダチかけました。とても美味)

寄せ集めの料理でしたがどれもとてもおいしかったです。
味噌汁は良い出汁で奥深い味わいでした。
完食

夕食
鶏もも肉の八宝菜風
ご飯
味噌汁
ポテトサラダ(作り置き)

八宝菜は神山鶏モモ肉使用。野菜は白菜、ニンジン、椎茸、生姜とニンニクスライス。
タレは酒醤油、中華だしの素。おろし生姜&ニンニク。

風味もコクもまろやかさもありおいしかったですが、
何か物足りず酢も入れました。

食欲無いから今一つだったのかもしれません。
なぜか夕方疲れて食欲ダウンです。

実はこれが正常なのかもしれませんが・・

余話)

10月3日

レキソタン断薬から1年3か月目。

首、肩、背中の硬直、左側へに捻じれだいぶ
緩和され真っすぐになってきました。
完全治癒まで時間の問題

ただ起き上がるとふらつきや腹部の違和感があります。

身体の硬直が緩和されるにつてベンゾの筋弛緩作用の怖さを痛感します。
ベンゾだけでなくアロフトという筋弛緩剤も併用していましたから
筋弛緩作用の反動の筋硬直が酷かったです。
それもあと少しで解放されそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。