海浜公園散策

2020年 11月8日(日曜)
暖かいのと体調子良い方なので近所の海浜公園をサイクリング。

午後3時25分ごろ、
ママチャリで行きました。

釣りの穴場になっているとネットで初めて知りました。
ウィンドサーフィンのメッカでもあります。

20年前レキソタンをのんでウォーキングをしていたこともあります。

当時は岸壁の工事中で釣情報無し。
湾岸線の開通で海洋汚染が進み私はもう「この海は死んでいる」と信じ込んでいたのですが、

つい先日、ふとしたきっかけでウェブ検索すると
かなりの好釣場だと分かりました。

ブログや動画で大きな魚を釣っている様子を見ていても立ってもおれず今回の散策となったわけです。

自転車で行くのは初めて。
さてこの海浜公園の釣り場、「穴場」らしいです

シーバス=スズキ、チヌ、青物(イワシ、サバ、アジ)、太刀魚

など釣れます。

ツバス=ハマチの子やサゴシ=サワラの子も釣れるらしいです。
すごいところが近くにあったのです。

当然釣りをしたいと考えましたが釣道具がないので

よって今日は下見。偵察です。

日曜日ということもあって人が多かったです。
釣り人だけでも東側に沿って4人みました。

さらに南から北のルートをたどるともう4人の方がルアーや投げ釣りをしておられました。

奥の岸壁は立ち入り禁止で行けませんでした。

この奥のベランダが人が来ない好ポイントになっているらしいです。

ルアーも投げ釣りも一通りやったことがあります。
しかしそれも今や昔で
釣りそのものは30年近くやっていません。

初心者同然。
初心者でも簡単にできる岸壁でサビキ釣りをしたかったのですが
岸壁まで行くことができません。

少し難度が高くなりますが
ルアーでシーバス狙いか投げ釣り、落とし込み釣りでチヌやアイナメを狙うしかないようです。

まだ病床メインの生活。

体が不自由なのに先走りですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。