向精神薬は危険ドラッグと同じ!断薬希望!クリーンで健全な体に戻りたい!

<スポンサーリンク>



向精神薬の非人道性とハイエナのような福祉業者

    <スポンサーリンク>



毎日意味もなくグダグダとブログを更新しています。

福祉業者のリストラも終わり、一息ついています。

今年の5月に選抜した福祉業者は6か月間、半年しか継続できませんでした。

「私の不徳の致すところ?」いえ、こればかりは福祉業者が悪質で
違法行為をする、平然と心理的虐待をしかける。

ようは金目当て。謄本を調べると、過去の金融取引が見えてきました。
怪しい不動産登記に巨額融資。決して役員登記しない相談員E(66歳)

介護福祉業界が反社会勢力のフロントと言われる所以です。

それでも3度目の正直。今度は女性相談支援専門員に交代です。

女性とは知らず依頼しました。ケアプランの作成、マネージメントは確実にやってくれるでしょう。

心配なのは、トラブルを避ける傾向にあるところです。
電話相談していてそう感じました。

ここでまた利用者である私に負担がかかれば本末転倒です。

そうなるともう一度リストラをしなければなりません。

貴重な人生の時間を潰されています。

せめてもの、ささやかな幸福を
福祉の力を借りて実現しようという意志を

サービス提供者である福祉業者から
拒絶妨害されるとは夢にも思ってもいませんでした。

しかし3回目は期待します。

3回目の新体制に期待

しかし11月から新体制スタートです。
今回はこちらは慣れたものなので、新しい相談員Aさん(3代目)もそれなりに応じてくれるでしょう。

そもそも福祉業者(相談員E、看護師K)の悪質さは初対面で見抜いていました。
それにも関わらず、そのような福祉業者に依頼する弱さ。

向精神薬で心身が衰弱してしまった者にとって悲しい宿命なのです。


「ベンゾさえのまなければ」という強い後悔が再び去来するのです。

失った時間、機会、健康。向精神薬中毒による破壊作用。

このようなクスリをばらまいてリピート=通院客を確保するという製薬企業と精神科医。

悪魔のビジネスモデル。鬼畜そのものです。

金儲けのために人の健康と人生を奪う医者たち。それで儲けた金で食事や家を建てたりするのが本当に幸せなのでしょうか?
意図的に人を地獄の苦しみに陥れ、障害者として社会的に抹殺する。

精神医療福祉業界の「食物連鎖」

一般日本人=獲物  ハンター(捕食者)=精神科医、製薬企業 
獲物を薬物で弱らせ一番おいしいところを食い続ける。

福祉=ハイエナ ハンター(捕食者)のオコボレを食い散らかす。

「税金」が原資。精神保健福祉法などの法律で合法化。

このやり方。優生学と言われていますが、もっと根深い、
反日的、戦後特有の倫理無きカルト的狂信、悪魔崇拝者たちの欲望の肥大を感じます

「外国の工作員が精神薬を売りさばいているのでは?」と勘ぐるほどです。

向精神薬によってボロボロにされた障害者にさらにハイエナの福祉業者がたかる構造。

反社会勢力も税金から補助金、助成金といった金が出るのでこれ幸いとばかりに福祉に参入しています。
架空請求もできます。とりっぱぐれがありません。893たちが目をつけるのは当然の理です。

そこにいるのは精神科医という典型的な詐欺師に騙された弱者・・・

ベンゾとの出会いは、
18年前のレキソタンから始まりました。当時精神科医を、クスリを信じていました。愚かです。

今も完全断薬はできていません。(6日から断薬を試みていますが)

おそらく何らかの形で向精神薬とは一生付き合わなければならないでしょう。

小食断食、スイマグでの排便、解毒に希望。

軽い庭仕事、ウォーキング。

昨年できなかったことができるようになりました。
この点進歩です。小食と朝断食、そしてスイマグを使った排便による解毒が奏功。

今はこのやり方に希望を持っています。

精神医療福祉牧畜ビジネスから脱却できる力が内臓をきれいにすることで出てくるかもしれません。

鬼畜なビジネスモデル

それにしても不良分子の看護師K、団塊相談員E、ヘルパーSにずいぶんコケにされました。

本当は一男性として憤っているのです。

人間として、また男性としての尊厳を奪う向精神薬。

最後は福祉業者に処分させてそれもビジネスにするという
鬼畜な日本社会の構図。
誰も異議を唱えない、もはやカルトな領域。

薬漬けにして儲けるなどという発想は、普通の日本人の神経ではできません。

だからといって外国人帰化人が薬漬け医療、ハイエナ福祉をやっているとはいいません。

悪魔に魂を売った外道たちが日本の医療福祉にはびこっているのです。

とはいえ医療福祉の全てを否定することはできません。

薬害を克服するにも医療福祉を活用するしか選択肢がないからです。

この矛盾。

悪質な相談員に2回遭遇。

協力的なヘルパーYさん一人のお蔭でこれを克服。

食事慮法とスイマグ解毒が奏功したのか、今年の秋は

家事も事務も昨年よりできるようになりました。

3回目の相談員A(女性)による新体制構築に期待。

過去二人と違って少しはマシでしょう。福祉はハイエナなんて形容しましたが、
本来は崇高な理念によって作られた制度。

業者のハイエナ的な本質は同じでも次の相談員Aさんは限りなく人間に近いでしょう。
電話で話していてそう直観しました。

まともな部類の本来の福祉業者であることを期待しています。

書面による契約はもう少し先です。

残された人生を少しでも有意義に過ごせるようケアしてもらいたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1971年生まれ。経済学部卒。関西在住。単身。 向精神薬害で毎日闘病。機能性ディスペプシア(FD) 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 ブログは毎日更新。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的にも窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 気分変調症。障害基礎年金2級。障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!