銀行にある預金の正体は「税金」です。

銀行にある金は「税金」です。

貧困層には消費者金融で高利で金を貸し、少し金のある層には住宅ローンを貸し付けます。

銀行=金貸しという視点に立てば「取りっぱぐれ」のない相手に金を貸し金利で収益を上げたい」のです。

最初はサラリーマンに住宅ローンを、バブル崩壊後 サラ金を傘下に入れてマスコミを使って
「消費者金融」と言い換え銀行系キャッシングでサラ金業務 以前なら審査に通らなかった層に住宅ローンを
やっているのです。フラット35など現代のサブプライムローンではないでしょうか)

住宅ローン、消費者金融
どちらも銀行にとっておいしい商品です。

税金を元手絵(原資)に庶民に高利又は低利長期で金貸しをやっているのです。

多少焦げ付いても損はしません。

どちらもあまり生産性のない金貸しですが、儲かればそれでいいのが銀行の論理です。

せめて住宅ローンの住宅で子供をつくってまともに育て上げれば、生産性が上がっ
たことになりますが、時すでに遅いのです。

自民党 建設業(ゼネコン) 銀行
医療医者 薬屋

多額の税金を扱える業種は偉そうにできて儲かります。

実は「住宅ローン」はそうした税金制度の中での庶民へのオコボレなんです。

こんなことを書くとお叱り受けそうですが、このブログは真実を追求することです。

薬害記録だけではなく、資本主義社会の分析と批判、身を守る手段を考察するためのブログです。

障害者になり「お金とは何か?」「弱者が生き残るにはどうすればいいか?」をタブー抜きで考えるブログを目指しています。

障害者はお金に困ります。当然福祉を利用するわけですが、そこは医療利権の場で税金の流れがほんの一部みえます。

そうすると今現在親の持ち家に住んでいるのですが、ここにも公的資金=税金が投入されサラリーマンの親に融資され住宅ローン20年と
なったのです。

わたしの親は元・大手製薬会社のMRなのでここも税金で運営されている業界です。

つまり税金の取り分(パイ)の多い方が日本で比較的いい思いができるシステムなのです。

しかし所詮サラリーマンは限界があります。それに戦後の成りあがりは教育の仕方がわからないので家庭を築いても
下手な投資をして失敗するのです。金融にも圧倒的に無知ですからわたしを逆恨みしています。

結局わたしの親は税金の流れも金融のこともしらずに戦後の土建屋的観念論に洗脳されたまま生きてきたのです。

政府のばらまく税金政策=戦後復興土建、医療、住宅ローンシステムのなかで「偶然」うまくやってきて傲慢になっていたのです。

つまり父は馬鹿な経営者なのです。そこで育った子供がどうなるか?

反発するかわたしのように飼いならされ洗脳されあげくに障害者となってしまうのです。

こうした「勘違い」は私の家や世代だけでなく、今もなお続いているのです。

この国がいかにデタラメな税金によって成り立っているかを障害福祉を受けるようになってようやく理解できたのです。

銀行預金、大企業のサラリー、住宅ローン・・・すべて税金です。

もちろん精神科医療もそうです。

一番の被害をもたらすのは向精神薬です。しかし「税金の無駄遣いをなくせ」とはわたしはいいません。

なぜなら障害者となった今、逆に税金を使うシステムを利用すればいいと気づいたからです。

何も遠慮することはありません。権利です。ビジネスに応用してもいいのです。

国家や政府、親たちがでたらめな税金システムの中で威張ってきたのだから
障害者が頭を使って税金利権をビジネスに変えてもいいと確信しています。
(今でも十分恩恵を受けていますが、まだ何かあるに違いないと睨んでいいます)

ただ体がどこまでついて行くかです。

精神医療と税金、住宅ローン、クレジットカード、

全てリンクしています。

住宅ローンは組んではいけませんが、
障害者もこれらのアイテムでリスクの低い使えそうなものを最大限に生かすべきです。

私の場合は精神医療=障害福祉です。不名誉ですが税金を使いこんでいる感覚があります。

罪悪感はもうなくなりました。全て国策による薬害。ゆえにわたしにとって障害に対する「慰謝料」「賠償金」だからです。

それでも健康な体は戻ってきませんが・・・税金制度を合法的に利用するしかないのです。

汚名は着ても制度を利用するのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

◆■【信頼と安心】三井住友VISAカード キャンペーン実施中!■◆
┏………………………………………………………………………………………┓
  ●オンラインでのカード発行で、今ならオトクな特典が・・・。
    詳しくは、こちらをチェック!!

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。