今日の料理  タケノコご飯、 クロムツの塩焼き

朝食兼昼食

タケノコご飯

姫皮とわかめの味噌汁

出し巻き卵焼き

タケノコご飯また作りました。
美味しいです。
昨日は何も知らず一本丸ごと使いました。

別の一本のタケノコを
今回は少しずつ使いました。

薄皮(姫皮)も使いました。

タケノコ料理を覚えながらつくっています。

夕食
・タケノコご飯(残り物)
・姫皮とわかめの味噌汁(残り物)
・クロムツ(子)の塩焼き

残り物と冷蔵庫の余りです。
あまり食欲無かったので
これくらいがちょうどいいです。
クロムツがやはり脂がのって美味しいです。
今日は大人しいメニューでした。

コラム

コロナ騒動で引きこもり生活に拍車がかかります。

世間の人たちも引きこもり。マスコミは「巣ごもり」と表記しています。
これは「引きこもり」という言葉に差別的な響きを感じての考慮からでしょうか?
なら引きこもりと犯罪を結び付けてきたこれまでの報道は
明らかに自覚的な意図的な「悪意」「憎悪=ヘイト」
と言えますね。それも扇動的です。

「引きこもり相手だから良いのだ!」と言うのなら
外国人へのヘイトスピーチがどうのとよく言えますね。

マスコミこそヘイトそのものの本質をあらわにしています。

戦前を否定しているはずが自分たちが「鬼畜米英」を叫んでい当時のマスコミの精神構造と
何も変わらない。

表向きだけスローガンを変えて中身は同じ。

だからマスコミは信用されないのです。

ま、スポンサー収入とマスコミ志望者を騙す特権を確保できればそれでいいのでしょうが・・・

今のコロナ騒動のご時世だからこそ良質な情報を報道してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。