筋萎縮の現実の辛さ

毎日寝床を中心に自宅で過ごしていると罪悪感に悩まされます。
「世の中の人は働いているか遊んでいる 自分はそのどちらもできまい、制限されている。」

筋肉がゲッソリと落ち腹だけ出たみっともない体でTシャツ姿になると
みじめさが増します。なんとこのブザマな恰好で女性ヘルパー、看護師の訪問を受けているのですから、

異常です。何もかもが異常。工夫すれば身なりは整いますが、この先またサイズが変わるかもしれない
自分の体に恐怖と不安を覚えるのです。

「筋委縮」に間違いありません。この数か月でまた萎縮が進行しました。

レキソタンの再服用にずっとこだわってきたのもこのためです。

意識と思考はどういうわけか落ち着いています。

本来ならパニックになっていてもいいものをヘルパーさんのお蔭か平穏を保つことができています。

自宅での罪悪感もヘルパーさんや看護師さんのお蔭で気がまぎえれているのでしょう。

しかし一人になると孤立感と焦燥感に悩まされます。

筋萎縮と減り続ける貯金。家族らも見放されまるで悪い夢を見ているようですが、これが現実。

全てを受け入れてくれる福祉関係者の存在がなければ確実に病棟行きでした。

人間関係は複雑でいろいろありますが、やはり福祉のおかげで助かっているのです。

人間少し気力が出ると傲慢になる。苦しい中も傲慢になりがりな自分を制することがあります。

これくらいの自制心があれば、クスリに走ることもなかったでしょう。

しかし今はそのレキソタンという薬に頼らざるを得ないのです。

悩みが尽きかねます。毎日同じことの繰り返しです。

本人はわかっているのです。しかしこれが病気なのです。障害といってもいいでしょう。

本質的な自分は何も変わっていない。ただ時代が移ろいで行くのを感じるのです。

自分の体が衰退していくのと同時にです。40代でこのような衰亡を一気に受けるのはあまりにも
残酷な運命だと悲観することもしばし。

思いは宗教的な救いに向かいつつもどこかで冷徹に資本主義社会を考察する自分もいるのです。

もし生かされたらもう少し自分を見つめなおしてやり直したいのです。

まだ自分で歩けます。キーボードも打てます。最低限の家事や事務はできるのでどこまで萎縮した筋肉が
回復するかです。
手足肩胸、臀部 ノド あらゆる体の部位や器官が衰亡しているのを感じます。

ただ意識はよりはっきりとしています。

肉体はボロボロでも(ヘルパーさんも認めるところです)知性や意識が昨年よりずっと改善されている。

福祉を導入したおかげです。このペースで福祉を受け続ければ肉体の回復につながる「何か」をつかめるかもしれないと

期待しているのです。

暑い夏ですが自宅で閑居する自分とさまざまな苦悩と対処せざるを得ません。

筋萎縮は他人事だと思い込んでいましたが本当にあるのです。残酷な現実です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。