台風前の気圧変化でレキソタン

悩みながらレキソタン5mgを夕方にのんでいます。
8月の暑さと台風前の気圧の変化で気分が重く沈
み体のあちこちが痛くて
レキソタンを服用しています。

量は以前と同じ同じ5mgのままです。ノドの違和感と背中の硬直が酷いので
本当はもう少し増やしたほうがいいのかもしれません。

慢性的な体の不調はストレスがストレスを呼び負のスパイラルに陥った結果」と解釈して

クスリに頼らざるを得ないという判断を深めつつあります。

まだ完全にクスリに頼る決断はできていませんが、服薬によって
筋委縮は治らないにしても胃の不調や痛み、気分の落ち込みは
クスリでずいぶん緩和されると考え始めているのです。

現状は昨年より意識は改善され肉体だけが崩壊しているという矛盾した状態です。

このような自分を説明し受け入れてくれるのは
福祉ホームヘルパーさんと看護師さんだけになりました。

人間関係の複雑さは多少あります。悩みもつきませんが
彼女たちのおかげで自分を保つことができています。

なので「今はレキソタンを無理にやめず適時服用したほうがQOLの改善につながり自然治癒の道につながるのでは?」
という独自の理論を構築しつつあります。

もう我慢はやめてクスリに頼ったほうが限りある人生の時間を有意義に使えるのではないでしょうか・・・

台風前の気圧変化で落ち込んだ体調をクスリで改善したい一心からこのように結論づけるに至りました。

正直ベンゾの増量は怖いです。が、もうここまで来ればクスリしか選択肢がないのも事実です。

メジャーの怖い薬を避けてレキソタンとサイレースといったマイナーに限定すればまだ大丈夫かもしれません。

これで楽になったとしても薄くなった筋肉だけはどうしようもないでしょう。

こればかりは周囲のサポートを必要とします。

また無限ループの始まりです。

今は暑い やり過ごすしかない。筋肉が減り汗も少ないのに暑さは少し感じます。

体は以前のようなバネがなくなり「老い」を感じることもあります。

こうした現実からも逃れたいばかりに薬を利用する選択も本気でこの数日考えるようになっています。

今では数少なくなったベンゾに肯定的なページを探して読んだりしています。

「ストレスにはレキソタンが有効」という趣旨のページを読んでは、今の自分にはクスリしかないと思えるのです。

流動的な福祉ヘルパーさんや看護師さん達のマインドに流されずに安定するには適時レキソタンをのむという選択がずいぶん
現実的に思えてならないのです。

こうしたことを書いている今はレキソタン5mgを服用しています。

耐性が若干ついており、増量を視野に入れているところです。

あまりストレスを長期化させずに大人しく服用したほうがいいのかもしれません。

時間は有限なのですから

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。