今の相談支援専門員(3代目Aさん)にも不満です

不平不満ばかりの投稿になります。自分の人生に反省しても、福祉レベルは一定水準を保ちたい。

ヘルパーだけでなく、相談支援専門員(Aさん)にも不満です。

現在の3代目相談支援専門員のAさんは、アラサー女性。早口で賢そうに話すが、中身が無い、

老人の金目当てに介護福祉の世界に入ったような女性で違和感を持っています。

受け答えは普通ですが、どこか無礼。つまり慇懃無礼なところがあります。

お役所志向で優等生ぶる。元ヤンキーや元スケバンの多い介護福祉業界の中では比較的マトモなほうだと
歓迎していましたが、ロボット役人みたいな話し方に人情味が感じられません。

彼女は大卒ですが、一般教養を感じられない。ペーパーテストが少しできるといった感じの女性です。

初代相談員Tは元ヤンキーのチンピラ系。2代目のEは団塊前後世代のヤクザ系。

3代目のAさんは、世間知らずの意識高い系の勘違い系の役人気取り。

介護福祉の世界は、やはり世間からずれた人間が多いと聴いていましたが、それを身を以って体験しています。

私も毒親とベンゾ系薬物で世間からドロップアウトした障害者ですが、90年代、20代の経済的状況はアッパーミドルでした。

今の福祉業者とバックグラウンドが違うのです。

それが最底辺に落ちこぼれてしまい、そうした方面の人達の世話にならなければならない。

頭を下げていれば済むのではありません。信じられないような感性、価値観と接するのでカルチャーショックを受けることが多いです。

そうした個人的な価値観の違いによるストレスは我慢できても、仕事ができていない、やろうとしない。これには我慢できません。

障害者差別?日本人差別?いろいろ勘ぐりましたが、単に報酬が発生しない又は低いから福祉現場が荒廃しているのです。

要はお金なのです。介護報酬が十分でないから現場の士気がさがり、障害者への差別、虐待につながっているのです。

今はもう一人で過ごせるかもしれません。しかしそれが続くかどうかが問題です。このベンゾ系向精神薬は減薬、断薬してから
半年後くらいにいろんな症状が出てくるのでどうしても身近な支援者が必要なのです。

一番はヘルパー。次にケアマネである相談支援専門員。

ところが冒頭で書いたように相談支援専門員のレベルが低すぎるのです。

セルフプランという選択もありますが、客観性が担保されず、役所への申請に支障がでる危険があります。

また、イザという時の第三者的存在が障がい者には求められるのです。

実際トラブルに遭遇した時、相談支援専門員は全然守ってくれませんでした。
むしろ業者の側に立ち威圧又は無視といった精神的虐待
を仕掛けてきます。

もうこんな苦労はしたくありません。

福祉サービスを求めてもレベルが低すぎます。ケアマネの相談支援専門員もあまりにもレベルが低すぎます。

「よくこんなので介護福祉の制度が回っているなー」と感心するほどです。

それはともかく、現在の3代目相談支援専門員のAさんにはやめてもらってセルフプランという選択が脳裏をよぎっています。

それでも理想的な福祉などないでしょう。弱者は関わりたくない人だとしても、「人的支援」を必要とするのです。

運を求める。神頼みといった心境です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。