万病の原因は血の汚れ

石原結實(いしはらゆうみ)さんの断食本を読むと、

「万病の原因は血の汚れ」だそうです。
甲田光雄の本にも血の汚れとありましたが、
「血」という表現は極力避けられ
「宿便」「腸マヒ」に置き換えられていました。

宿便も腸マヒも血液の汚れから生じると推測できますので、
「血」という表現が妥当だと思うのですが、
現代医学の常識に反するためか避けられています。

私個人は「血の汚れ」という表現で断食を理解できました。
(宿便が消化吸収を妨げて毒素を発生し、血液を汚して様々な病気を引き起こす
と言われていますから 宿便=血の汚れ」と理解することもできます)

食べ物が血を汚すのですから、少食も断食も当然になります。

血の汚れ原因とする考えは東洋医学から来ると説明されていました。

頑固な慢性病は食べ過ぎによる血の汚れが原因です。
薬害にしてもそうでしょう。
神経の圧迫にしてもそうです。

朝食を抜き良質なものを少し食べるようにするこれだけで
ずいぶん体は改善されます。

朝だけ断食」に筆者は慣れてきましたが、
午前中は低血糖で頭がふらふらしたり
意識が遠いことがあります。

胃腸の調子が良くないので朝食は食べませんが、昆布と干しシイタケの
スマシ汁やニンジンりんごジュースを
飲むことがあります。

ニンジンは糖質が比較的多く食べ物のように感じるのですが、
石原結實先生が推奨されているので
効果はあるでしょう。

断食本をいろいろ読んできましたが石原結實先生のやり方が自分にあっているようです。

理論も血の汚れと解説されていましたので、納得がいき長年の不調
を朝だけ断食で克服できるのではないか
という期待を持っています。

気になるのは「好転反応」です。このためか朝だけ断食3か月目の最近、
吐き気を感じることが多いです。
何でも排毒が促されているらしいです。

とにかく胃腸に負担をかけない朝だけ断食は効果があります。

万病の原因とされている血の汚れを浄化してくれるらしいですからやりが
いがあります。

3食食べるのはどう考えても食べ過ぎでしょう。

背中がコワバリ歪んでいます。これも血の汚れが原因だとするなら
朝だけ断食で治してやろうという気になります。

血の汚れ」原因説に着目。

案外、ほんの少しの解説で迷いがなくなりものです。

レキソタンやセルシンといったベンゾジアゼピン系薬剤を常用することは、
血液の汚れにつながるので自明です。

依存性があるのでやめることは難しいですが、完全な断薬をするためには、
断食を行いデトックスが必要になります。

体を根本から立て直す必要性があるのです。

体を生まれ変わらせる可能性が断食にあるように思えます。

ただ継続が難しい。

あまり気追わず、黒糖やリンゴジュースを飲みながら続ける方が無難で事故もありません。

食生活にしろ、向精神薬にしろ、血液を汚すことを自らやっていたのだと痛感しました。

全身の萎縮に断食が効くかどうなるかわかりません。
血液の汚れが改善され血行が良くなれば萎縮が止まるかもしれません。
とにかく
猛省しながら食生活を改めたいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。