寒さと疲労で横隔膜のコリ

筋肉萎縮について述べたところ、
あるサイトを教えていただきました。

筋萎縮が全身に及ぶ疾患について軽症な頸椎症から
重症のALSまで疾患の原因が語られていました。

ベンゾ薬害についてはどうなのかわかりません。

ただ一般的な筋肉萎縮は神経変性の疾患としてとらえられており、

この点まだ医療でとらえられる範囲だと知って
少しほっとしました。

しかし根治が目的です。

専門的なことは、難しいことはよくわかりませんが、
ベンゾ薬害にいよる神経変性で筋萎縮がもたらされるというのは否定できません。

筋肉の萎縮は同じ動作の繰り返しが原因とのことですが、

私は同じ動作の繰り返しなどは思い当たらず、
ベンゾを減らしたころ(2015年)から筋肉に異変を感じました。

まず激しい胃痛から始まり、

臀部、胸板2016年にはヒザ回りと足裏の薄化が進行しパニックになりました。

2017年ノドの違和感と胃痛、極端な発汗の直後に汗が少なる成る同時並行。

2018年胴回り、胸回り、ヒジヒザの薄化

寒い時期にさしかかると痛みとともに進行します。
慢性化しました。

私ができることは食事のコントロールのみ。

筋肉のためにと食べて栄養をつけようとすると、胃腸に負担がかかり、

体の負担になっていました。そこで2018年秋、
「朝食抜きの半断食」と「昼夕の少食」
で内臓からの回復を着想しました。

正しかったのです。

便秘が解消され、夜も少し眠れるようになりました。

ただ体が薄くなっている感覚はいまだに残っています。

こうした中、寒い夜になると身が凍え縮みます。

ここに社会的孤立館が深まると一種の精神病的な状態になります。

幸いインターネットと社会福祉の力で孤立をかろうじて回避できていますが・・・

肉体的に
今考えらる医療は、神経内科しかありません。

交代した新しい訪問看護ステーションが神経内科付属で
神経内科の受診先が決まっており、この点安心です。
往診もしてくれるそうなので、
今の私には助けになります。

念のため診てもらうかもしれません。

ただ正直、「こうした医療に意味があるのか?」という疑問がつきまといます。

神経変性を治すクスリなど聞いたことがありません。

それにベンゾジゼピン薬害を認めるという前提が必要になります。
向精神薬と神経変性の因果関係が述べられたサイトは見たことがありません。

こうした「医療」の延長にあるものは、形だけの診断。分からなくなれば、
精神科の受診を促され、精神薬で誤魔化すのが関の山です。

これなら自宅で甲田療法の青汁断食をしたほうが良いと考えています。

甲田療法は難病根治を唱えています。著書から熱意が感じられます。

とはいえ長い道のりで少食も一進一退です。
青汁療法を続けるのも時間がかかるのです。

その間の生活費は? 基礎体力は?・・・

もうあらゆる方面で進退窮まっています。

どうしようもないのです。

精神薬の代償にしては高すぎます。

今は虫のような息です。
寒さと疲労で横隔膜が凝っているのです。

書いている内容が何だかかよくわからなくなってきました。

寒さと筋肉萎縮が進んできたようです。
「少しでも進行が止まれば」、と祈る日々です。

あるがまま、なすがままに過ごすしかないようです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。