詐欺的医療が栄える日本

ネットの情報商材って明らかに「詐欺」もしくは「詐欺まがい」ということは
すぐに分かりますよね。

ところが精神医療に関してはそれが詐欺であることには関わらず、合法的な医療として
社会に認知されています。

そこで処方されるクスリも麻薬まがいのインチキ薬で一時的に効いたような錯覚をもたらすクスリです。
それも麻薬並みに依存性があります。

こうした危険なクスリが医療の名の下世の中で通用しているのですから、
日本はどこまでも腐った資本主義社会だと思います。

精神医療も目的が優勢思想という弱肉強食の理論に基づくとい指摘されていますが、
それは一部の動機でもほとんどの精神科医は単なる利益追求でやっているのです。

医者も所詮「商売人」なのです。

患者=客を多く確保し利益を追求しなければなりません。

自分の出すクスリが危険な依存性と脳神経を破壊する作用を持っているとわかっていても

患者に効果があると騙して売りつけ飲ませているのです。

依存性がありますから患者は薬欲しさにその医者のとこに通院します。

これってリピーター客です。

精神科医にとっては有料な固定資産なのです。

患者は自分の心と体を壊すために時間と労力と金を払ってクスリを取りに行くのです。

これは全て薬物依存、中毒になってしまった哀れな姿なのです。

そういう患者を精神科医は同情しません。「馬鹿だな~何回も来やがって。馬鹿だからもっとクスリ漬けにして儲けちゃえ!」
というのが精神科医の本音で優生思想=(バカは死ね)と結びつきます。

そうした危険なクスリを売る製薬会社も大喜びで危険なクスリを安全、効果があるとデマ宣伝を流して
精神科医に協力します。

学者まで協力し捏造論文をでっち上げ麻薬まがいの薬に「お墨付き」を与えるのです。
厚生労働省も認可を出します。

こうした産官学の癒着構造はまさに「資本主義」の特徴で

儲け=利益になれば危険な毒でも安全なクスリとして売りつけるのです。

製薬会社、精神科医、厚生労働省、薬局・薬剤師、新聞テレビ これらはみな「お金」でつながっているのです。

別に金儲けが悪いわけではありません。しかし人間の体と心を破壊してまで金儲けをするのは
戦争で利益を上げる「死の商人」と同じです。

戦争は避難されます。悲惨も強調されます。

しかし精神医療と精神薬に関してはその非人道性、残酷は取り上げられず、患者はただ苦痛に耐えるのです。

それも精神障害者という差別を受けながらです。
一方では精神薬で儲けた製薬会社と精神科医、薬局、厚労省は健康を謳歌し

人を潰して儲けた金でおいしいものを食べ旅行に行き健全な社会人として扱われるのです。

こうしたバカなことがまかり通っている日本は狂っているしか思えません。

資本主義の利益追求と薬害正当化のための優生学思想が融合した異形の資本主義が今の日本の体制なのです。

歴史を振り返れば同じことが繰り返されてきたのです。薬品名が違うだけです。

医者は商売人です。精神科医は死の商人です。

こうした連中に薬漬けにされ不本意ながら障害者手帳を取得し障害年金を受給しています。

体を壊され筋肉は痩せ身も心もボロボロの中で差別と偏見を生きなければならないのです。
加害者の精神科医と製薬会社の株主はさぞ楽しいことでしょう。

悪は栄ます。いつも栄ます。

わたしたち被害者はいつも泣き寝入りです。

無念です。

せめてこの腐った医療資本主義の正体を明らかにすることが今のわたしにできる唯一の抵抗かもしれません。

あまりに無力ですが・・・

詐欺によって巨万の富を築いた精神科医は自らの加害を正当化するために優生思想を構築します。あるいは従来の優生思想を
補強します。

これはかつて白人欧米列強がアジア、アフリカ、中東を植民地支配、奴隷貿易で栄えたときに構築した
「白人至上主義」の歴史をみれば明らかです。

資本=帝国に都合のいい理論が構築され採用されるのです。

結果は差別と人権侵害、迫害の正当化です。

先にお金、利益がありその後に都合のいい理論が採用されるのです。

今の日本は精神医療資本に都合のいい理論(心理学含む)が採用されるのです。

全ての原因は経済です。

精神医療のビジネスモデルもリピーター客確保」というビジネスの原則を忠実に残酷に実践しています。
少し考えればわかるはずなのですが、医療信仰に騙されていました。
この点精神医療は宗教といえるのです。

それも破壊的カルト宗教です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<このブログはエックスサーバーで運営しています>



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。