<スポンサーリンク>



自然断薬中の生活リズム

    <スポンサーリンク>



6日からレキソタンを断薬しています。自然に断薬できているようです。
筋肉の強張りと突っ張りはあります。

筋肉は衰弱したまま。それでも小食・スイマグでの解毒療法が奏功したのか、
体が身軽です。

最近のリズムでは

0時~2時半頃起床。 入浴、洗濯。  そのまま朝まで起きて一日眠らず過ごすか、
3時半ごろ再入眠5時ごろ起床。というリズム。
前日のの夕食は無し。 レキソタンは自然断薬。

こんな感じです。夜中に覚醒するのが難点。しかも入浴と洗濯も夜中です。

これが通常の睡眠リズムに戻ればいいのですが、覚醒時間=起きている時間は
健常者と同じ。

むしろ早朝から活動し、夕方眠るという動物的に健常なリズムと自負しています。

レキソタンをはじめベンゾ系のクスリ、その他の向精神薬一切無しです。

小食 夕食抜き

胃の調子が悪く、食欲がないのなら無理して食べない。

こう心がけるて朝食抜きはもちろん夕食も食べません。
何か食べるにしてもスープと酢の中の肉一切れ程度です。

貧乏なイメージですが、今の自分にはこれが一番体に負担が少なく夜の睡眠を誘ってくれます。

食欲中枢が正常な人はこんなことはできないはずです。

かつての私も「夕食抜き」など考えられませんでした。

しかし胃の苦痛が減り、夜、曲がりなりにも眠れる。

早朝から活動できる。

小食、ミニ断食もなかなか良い治療法だと再認識。

お金の節約になり、レキソタン断薬にも役になっているので一石二鳥 三町といった感じです。

本当は「夕食くらい、豪勢なのをゆっくり食べたい」のが本音です。

食材をそろえるお金はあります。冷蔵庫にもかなりの量の肉や魚介類が入ったままです。

それでも昼に特製出汁(昆布、干しシイタケ、かつお節、煮干しのいずれかの組み合わせ)
でつくったスープをのむだけです。

白米も少し食べるだけ。

白米に関して、昨年は無理して「お粥」にして一日五食くらい小分けに食べていましたが、
これは糖質過剰で胃の痛みを増すだけの自傷行為でした。

小食糧法、栄養療法を研究して今のシンプルな特製出汁(昆布、干しシイタケ、かつお節、煮干し)
のスープメインにした食事に切り替え体が軽くなってきました。

午前中は排毒の時間ですので、朝断食。そして11時~14時ごろにヘルパーさんの調理支援で
特性出汁スープと卵料理での「ブランチ」。

だいたいこんな感じです。

筋肉を増やすためにもう少し食べるべきかもしれませんが、昨年の大食いで脂肪ばかり腹回りにつきました。
内臓負担もかなりあります。

何と言っても食べ過ぎは体内に毒素が入り込む確率が高くなるので、これを節するのは
ベンゾ減薬において超重要なポイントと気付きました。

ただ急な小食や断食は体に悪いのでその点注意してください。

最近の生活リズムはこうした小食、節食を心掛けたシンプルなものです。

レキソタンまで自然断薬できてきたのですから、良い方向に進んでいると実感。

筋肉の各部位、胃の不調、生殖機能の不全 といった後遺症の悩みはあります。

しかしこうした後遺症の症状にとらわれるより、症状と付き合うことを受け入れ

小食、節食に徹する。

自然の睡眠リズムが出てきました。

病気は体という自然が「休め」と命じているのです。
休むとは 「食を休む」ことです。

こうして食事を最低限にすることが内臓を休め自然治癒力を引き出す原動力になるのです。

今はこのような生活リズムです。これでレキソタンが断薬できるのなら本当にうれしいのですが・・

この点、またレポートしたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1970年代生まれ。近畿在住。単身。 向精神薬害で毎日闘病。機能性ディスペプシア(FD) 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 ブログは毎日更新。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は気分変調症。障害基礎年金2級。障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!