安息の日を求めています

昼夜逆転は思った以上に心身のストレスになります。

レキソタンをのんでも落ち着かず。最近はプチ断食(朝断食)をはじめて
自分の中の可能性を引き出そうとしています。

しかしどれも即効性がなくしんどい日々です。

レキソタンの量を増やすか、我慢するか?もっと別のクスリに変えて楽になろうか?

などこれまでの反精神医療をやめてしまおうという投げやりな感覚にとらわれます。

毎日の病苦疲れました。

障害福祉は標準的なサービスが行われておらず何かと気苦労が多いです。

弁護士への相談費用もかかりました。

誰も救ってくれません。お金も減る一方です。

「ならばもう断薬に耐えるより、クスリを肯定して楽になったほうがいいのではないか?」という

クスリを肯定した退廃的な気分になっています。

所詮、弱者は踏みつぶされ、食い物にされるのです。

そもそも精神科・心療内科がそういうところなのです。

クスリをのんでしまったからには遅いのです。

福祉は暴力団のフロント企業と思えるような会社法人ばかりで
安心できません。

障害者ビジネスの危険もあります。

両親とは不仲です。私が悪者にされ一方的に断罪され無実を晴らそうにも取りあってくれません。

どんなにいかがわしいとわかっている障害福祉サービスでもありがたくなるのです。

かつての強かった自分の面影はありません。

「下らない連中に食い物にされる」そういう予感に心を支配されます。

ネットの人達にも救われましたが、しょせん他人事。私の不幸を待ち望んでいるという邪念さえ浮かぶのです。

ならばレキソタン程度のマイナーを肯定して適当にやり過ごしたほうが、全体的にみてよい選択にも思えるのです。

筋萎縮と痛み。これを鎮めるのはレキソタンを始めとする精神薬しかないようです。

神経痛がおさまる日はありません。

クスリで麻痺させるしかないのです。

本当に疲れました。安息の日々を求めています。

原因不明の慢性疾患に治療法などありません。

それこそ精神薬で誤魔化し続けるしかないのです。

まるで精神科の存在意義を肯定するかのような記述ですが、
苦しみ、崖っぷちの瀬戸際にあるギリギリの人間には
苦痛を一時的にでも緩和する精神薬しかないようです。

理屈では良くないとわかっています。

しかし耐えても仕方ありません。

下手をすると発狂して閉鎖病棟の危険さえあります。

福祉業者の善意に頼るのはあまりにも人間の尊厳を失います。

ある程度自力でやるにはクスリの力を借りるのも一つの手です。

そうレキソタンは私にとって「最終手段」なのです。

こういう意味合いでの精神薬の服用は残念ながら必要なことかもしれません。

3年前の2015年にはじまった胃炎は筋委縮の始まりだったのです。
内視鏡、胃カメラを3回やっても異常なし」でした。

筋肉が内側から萎縮していたのです。

外側のヒジヒザ、肩、臀部、足裏の薄化と同じように内面の筋肉も萎縮していたのでです。

止める方法はわかりません。

ただ苦痛を止める方法は精神安定剤しかないのです。

それが筋萎縮の原因薬剤であれ、ある程度のクスリは苦痛緩和に必要なのです。

今はただ安らぎを求めています。

耐えても同じです。私の場合、断薬にはゴールが無いのです。

どうやって日々をやり過ごすか?福祉業者を上手に活用するか?

それだけが関心事項になっています。

薬をのむ前の自分の姿、記憶を思うたびに悲しくなりますが、これが現実です。

こんなはずではありませんでした。

せめて安息を求めるのです。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。アラフィフ。 向精神薬害で毎日闘病。 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!