マムシ成分を試しています

断薬しています。一週間前の増薬宣言がウソのように自然断薬しています。

代わりに滋養強壮のつく飲み物や食べ物を試しています。

最近注目しているのはマムシです。Twitterで詳細を読まれた方もいると思いますが、
マムシの成分のはいった飲み物をネットで取り寄せのんでいます。

マムシは蛇ですので心理的に非常に抵抗がありましたが、体を内面から再生するには
精力のつく食べ物が良いという信念に基づきマムシにたどり着きました。

これまで生姜や牡蠣を試しましたが、少しばかり効果を感じただけで普段の食生活で連用するのは
難しいと感じました。

生姜に関しては意識すれば煮物やすりおろし生姜で毎日使えますが、やはり手間暇がかかります。

訪問介護のヘルパーさんもそれほど意識して食養生に協力してくれません。

一人で気軽に連用できるものを考えました。
そこでマムシを着想しました。
昔からある滋養強壮の食べ物で粉末にしたものや焼酎に漬けたものがあります。

妙なサプリメントと違って混ぜ物が一切ないのもマムシの良いところです。

問題は「蛇」ということ。わたしは子供の頃から蛇が大嫌いで想像するだけで鳥肌がたつほど恐怖心を持っています。

それが今では筋肉減少で衰弱した体を回復させるため心を鬼にしてマムシに取り組むようになりました。
いわゆるゲテモノです。ベンゾジアゼピンでズタズタにされた内臓のホルモン分泌もマムシを食すことで
回復するのでは?と期待しています。実際、マムシにはホルモン分泌作用があると明記されているサイトを
いくつかみました。

効果がありそうです。

気軽に試せるのは粉末にしたものやカプセルの類です。

ネットで検索するとマムシ専門の店があり、電話一本で取り寄せることができます。

少し値段が高いですが、西洋医学にころごりのわたしには、マムシは神秘的な力を持つ筋肉回復薬にみえるのです。

蛇嫌いのわたしでも体を治すためならなんでもありです。

こうした民間療法には科学的な根拠がないとされていますが、マムシは毒蛇です。

それを昔から滋養強壮のために捕獲していたのですから命がけの作業です。

命をかけてまで効果のない蛇を捕まえるでしょうか?

命がけで捕獲するからにはマムシには相当な価値があり、その効果も本物だと確信しています。

ベンゾジアゼピンを自然断薬しているのでこうした民間の滋養強壮法にはプラセボ効果もあります。

これが断薬を成功させさらにマムシの効果で体内からホルモンの醸成機能を取り戻すことができれば、
ベンゾジアゼピンの断薬は成功したことになります。

後遺症も緩和されればこれまでの長すぎる痛みと違和感からも解放されるでしょう。

ベンゾジアゼピンをのんだために依存症になり、内臓機能が低下し筋肉まで薄くなりました。

これを緩和するための食養生にもお金と時間がかかっています。

精神薬をのんだばかりに破滅的な生活を余儀なくされて慙愧の念に耐えません。

ベンゾジアゼピンの断薬を成功させ、本当の健康を取り戻したい思いで一杯です。

マムシの成分で体質が良くなり少しでもベンゾをのむ前の体に治す努力に励む日々です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。