GW中の雑感

ゴールデンウィーク中ですね。どうしようもなく過ごしています。
ヘルパー事業所は5月4日まで休み。(本稿書いているのは5月3日)
鍼灸の先生だけが訪問してくださり施術。なんとか孤独を紛らわせています。

一年前、二年前に比べ筋萎縮。すっかり子供のような体型になってしまいました。

過去の後悔、自責。食欲無し。心身共に疲弊しています。ケアマネ=相談支援専門員は事務的で全く役に立ちません。
下らない上司の男の命令を聴いているのでしょう。
福祉はカタギではできません。人間力、器量が問われます。そこを今の30代~40代前半は分かっていない。

学校で教わったことがすべてではない。マスコミで言われていることもすべてではない。

学校、マスコミ、親、これらから離れた自立した読書で考えた人生観こそ必要なのに、彼らはそうした時間を持てなかったようです。
これは私らの目上団塊世代にも言えます。

しっかりとした修身、修養の時間で己と見つめ合い、自由な読書でオリジナルな発想を楽しむ。

こういう時間も発想も持てない人が多く福祉分野でも人間力の無さを発揮され弱者である障害者に負担がかかっています。

今の日本の閉そく感はこうした人間力の低さなんでしょう。

私も人のことはいえませんが、団塊世代とその子(今の30代くらい)の世代に比べれば、まだ歴史認識から
背後にある人間力を考えさせられました。

祖父の代が戦前の教育を人たちですからね。今の日本が本来の日本ではない、といいう意見をよく聞きました。
なので今の人達とはかけ離れた発想をするのです。

これを精神薬さえのんでいなければただの「変わり者」で済まされたいのに、
精神障害枠で扱われる。結局自分の言葉にはなんの影響もない。そいれどころか差別を助長しているおではないか?

と自分の言論活動に疑問に思うこと多いです。

ゴールデンウィークの憂うつ、福祉での待遇不満。そして筋萎縮による体の辛さ、みすぼらしさ。もう自決したい気分に駆られます。

それでもレキソタン5mgで誤魔化す日々。誤魔化しが効く間はこれでいいでしょうが、ここから先は「入院」が現実的かもしれません。

もう身の置き所が無いのです。

これを書いているのは5月3日。投稿は5月4日。ようやくヘルパーさが来てくれる時ですが、障害者は自宅謹慎の身。

業者が休業中ですので、正直、嫌な時期です。でもあと少し。憂さ晴らしに寿司でも頼もうか?と考えるのですが、
胃の調子がそれほど良くない。かつての食欲が全くなくなってしまったのです。

食の楽しみも奪われ、親から実質生命を停止させられています。
これなら15の頃、自立すべきだった、盛んな生命力が親からの自立の衝動を駆り立てていた衝動を思い出すのです。

15の頃も毒父のよって自立を阻まれていた。むしろ受験に成功し、親依存の度合いを深めたのです。

私は勉学や異性あらゆる面で早熟すきたのです。20歳前後では、周りと波長を合わせられなかった。

むしろ軽蔑していたいわゆるヤンキーやDQNの方たちの方が自分の生命と合っていた。

ご批判受けるの承知でこう書きました。案外早熟な人が自立を遅れるという現実に気づきました。

日本は同調圧力社会ですから、中にはそうした早熟者がいわゆる「遅れた人達」に混じっていいるのです。

早熟者は、日本社会では、歴史的にほとんどは精神障害扱いです。親が若すぎその子供も勉学や異性で早熟過ぎ、親や社会から「もう少し待て」と
自立の芽を摘まれてきた現実があることを知っていただきたい。

ベンゾ服用もそうした煮えたぎった中での罠だったのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。アラフィフ。 向精神薬害で毎日闘病。 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!