クレジットカードの断捨離

2月も終盤になりました。

体調は昨年寝込んでいたことを思うと「元気」なほうです。

貯金は減ったものの障害年金があるのでダメージが少ないです。

それでもカードで散財した感があり、クレジットカードの断捨離を進めています。

カードは現在10枚くらい。内、事業用が3枚。(枚数は正確にはわかりません)

これより前に2枚ありました。実質12~3枚のカード保有。
そこから
まずリボ払い専用のカードを解約。これは年会費無料でアフィリエイトのセルフバック1万円狙いでつくったものです。

妙なメールや電話がかかってくるので精神衛生の面からもリボ払い専用のカード2枚
(三井住友エブリプラスとファミマTカード)を解約しました。

今迷っているのは年会費を支払っているカードの断捨離です。

Amazonゴールドをまず考えました。年会費が10800円と高いからです。

ポイント付与や貸付金額が多いので気が大きくなります。
それから購買意欲を煽られついついAmazonでいろいろ購入してしまいます。

なのでこのカードを解約しようとあれこれ調べて考えていたのですが、
逆にメインカードにすることに決定。

理由は2018年6月から約一年よく使ってきたのでクレヒスがよくなっている。
年会費10800円(税込み)の内3900円はAmazonプライム代。なので実質6,900円。

さらにウェブ明細にすると1080円割引なので、実質年5820円。

年会費5820円のゴールドカードということになります。

AmazonのヘビーユーザーでAmazonプライムは欠かせませんので、他のカードにしても
Amazonプライムの3900円は支払うつもりですから、どうせなら、Amazonゴールドにして
5,820円の年会費でゴールドカードを持つのも悪くないと考えました。

5820円を月割にすると485円。それほど大きな金額ではありません。

Amazonでの特典が多い、ポイント付与が高い(Amazon内で2.5%、Amazon以外で1パーセントのポイント)

自宅メインの生活で通販が生命線の私にはAmazonは生活の一部。
よく使う上にポイントや特典が多い。実質年会費5820円なら、Amazonゴールドでもいいという結論に達したのです。

他の年会費1250円のJCBやOMCカードはほとんど使わないので、これを解約すれば2000円以上浮きます。

但し10年以上保有してきたカードでよく使いもしましたから愛着もクレヒスもある。

こうしたところから解約しづらいです。

残りのカードは三井住友VISAカードの個人用と事業用でPiTaPaがついているのでこれも必要です。

本当はAmazonもJCBも解約して三井住友VISAカードのPiTaPaとiD機能のついたカードに集約すれば2~3枚でおさまります。

年会費無料のカードを残しておいても4~5枚と常識の範囲内です。

Amazonの特典と利便性を優先させるか、会費を削るため特典もポイントも無視して三井住友VISAクラッシックに集約するか
迷うところです。

Amazonカードで気をつけるべきは購買欲を煽られて使い過ぎないようにすることです。

これを避ければ多少の年会費を払ってもAmazonのサービス特典は、自宅生活者にとって命綱に匹敵するほど
ありがたいものです。

要はお金の管理。生き金のみを使い、無駄な死に金を排する。

人生観、価値観の問題になります。

単なる費用対効果では考えることはできません。

今の私にはAmazonが必須なので、Amazonカードをメインにしたほうが何かといいのでしょう。

そしてあまり使わない、JCBとOMCを解約するのがよいように思えてきました。

それにしてもクレジットカードの枚数が特典目当ててこれほど増えるとは思っても見ませんでした。
クレジットカードを使うと消費が拡大するというのは本当です。

Amazonカードの特典を生かしながらも必要最小限に使いたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。