残酷な運命

それにしても、残酷な運命を辿っています。

体のこわばり、萎縮。自由を奪われ自宅に困らざるを得ません。

病床では過去の過ちに気づかされ精神的に極端に不安定になります。
これがもしヘルパーの支援がなければ、とっくに隔離されていたであろうことを思うと
人間の存在というものは不思議な力を持っていると思います。

しかし人の支援で力をもらうほど、
70代の父親からのネグレクトは非常に悪意のあるものだと痛感させられるのです。

コメはよく送ってくれます。なので良い両親と思われるかもしれませんが、
今の私の朽ちた状態は全て知らせています。

大人なら相手がどういう状態であるか?想像がつくはずです。

しかし仮に想像できるほどの想像力が父にあれば、私はベンゾとは
無縁で自宅にはいなかったでしょう。

やはり家庭環境に呪縛され、せっかくの人生のチャンスと才能を奪われたのです。
お金はそのための手段の一つです。

その手段が目的になって子供の命を削っている。

「命よりカネ」の戦後経済の価値観が私の父を覆っているのです。

病人の「命=金」とは違うのです。

明らかに助かる人でもその人が「金にならない」と判断されれば
冷酷な仕打ちを受けるのです。

まるで暴力団そのものの発想。
それが私の毒父なのです。

家庭環境は選べません。自衛し自ら脱却するしかなかったのですが、
私は見事に洗脳され、クスリに縛られ、

挙句に筋肉の自由を奪われました。

まるで計算したかのような仕打ち。

これを「運命」の残酷さと痛感しているのです。

志を尊重する原点に

どこでどう間違ったのかしれません。ただ間違った
のは「志」を立てるという感覚を捨てた(捨てさせられた)ことです。

青臭い言葉ですが「志」を大切にする考えは必要です。
志とは「己に対して忠実な心」です。
この考えは戦後社会においては、否定又は軽蔑されてきました。

私の毒父がそのような人物です。

つまりそのような父に対抗するため自ら読書体験などで
重視していた志を毒父に洗脳されている間にハコモノ・思考に洗脳され、
志を放棄していたのです。

洗脳が解除された今、その志が甦っています。(ここで言う志とは、今や前向きではなく、
かつての自分の抱いていた「思い」です。

しかしもう膨大な月日が流れました。

そして体は朽ちています。

ただ悔恨の情があるのみです。

自分を取り戻し、やり直したいという情熱が出てきた頃、年齢を重ね、
体がボロボロになっているのです。

歳月は取り戻せません。健康も取り戻せません。

ただ嘆くのです。

ベンゾの薬害といえばそれもあります。脳に作用しますから

、毒父からの洗脳というより
薬害作用が唯一の原因とも考えられます。

洗脳か薬害か?真の原因はどちらかわかりません。

犯人探しをしても徒労に終わるでしょう。

ただこのような考えが病苦と貧窮とともに毎日去来しているのです。

根深いものがあります。

これも運命なのでしょうか・・・

なぜ私だけが「普通」を阻害されるのか?・・

大きな不運を感じさせられるのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。