肩こりと不眠を主訴に飲んだクスリの罠

肩こりと不眠を主訴に飲んだベンゾジアゼピンを成分とする
向精神薬がこれほど破壊的な作用をもたらすとは思いもしませんでした。

レキソタン、セルシンといずれも「軽い」とされるベンゾジアゼピン薬剤です。
マイナートランキライザーとも言われます。

この「軽い」が罠でした。それに加え「安全」という罠までありました。
実は軽くとも安全でもない、強い「依存性」と破壊的な副作用・後遺症
をもたらす「危険」物質だったことを身を以って体験しています。

2015年の減薬時は簡単に「クスリを抜ける」と楽観していましたが、
そうでもなく、1年毎に「筋肉減少」と「皮膚異常」は続いています。

どれも栄養失調に似た症状で栄養を摂るように言われています。

その通りですが、「原因」がベンゾジアゼピン薬剤と断定する人はいませせん。医者(内科医)が暗に認めてくれます。

あとはネット検索でたくさんの被害情報が出てきますが、公式に認められることはなく、薬害者は孤立を強いられるのです。

ベンゾジゼピンは違法なクスリとアルコールの中間くらいの「依存性」があります。これを常用しているときはベンゾの効能書きにある
「肩こり」は緩和されますが、一旦耐性がつくとコリは強度になり、つまり飲めばのむほどコリは悪化し、さらに
ますますクスリを必要とする実は不健全な薬なのです。

効能書きの効果は実は「まやかし」なのです。簡単に言うとお酒を飲んで酔っ払っている状態なのです。
何も解決しません。それどころか原疾患は悪化し、臓器障害まで起こします。判断力や思考力が低下し、
大きなミスを犯すようになります。

後で気づいてもボロボロの体で対応しなければならず、薬害者は悲観に暮れるのです。

ネットだけが唯一の拠り所となるのですが、私の場合は、ヒジの筋肉が極端に落ちた状態で以前のようなPC操作ができず、
ネットも困難になるのです。

今年は何とか冬を越すことができましたが、昨年の今頃は半狂乱でブログにその様子が綴られています。

「精神のクスリを抜く」というのは非常にリスクが伴います。飲んでいてもダメ、抜く時も困難というなんの利益もないクスリなのです。

これが肩こりや不眠に効くという触れ込みで簡単に処方されているのが日本医療の現場なのです。

欧米各国では、1960年代から「訴訟」になっています。「集団訴訟」という大規模にまで発展しています。

日本では21世紀になってもいまだに「安全」「問題なし」とされている異常な社会です。
むしろ患者が悪いとされる社会で

薬害者は二重三重の苦しみをあじあうことになるのです。これはベンゾジアゼピンだけではありません。
それ以前のバルビタールもそうでした。

バルビタールの危険性が言われ次に出たのがベンゾジアゼピンですが「奇跡」「安全」といいう触れ込みでしたが、
実はバルビタールより危険なクスリだとも言われています。

歴史は繰り返すでしょう。ベンゾジアゼピンの次にでているのがSSRIですが、
これも危険とされ、欧米では問題になっています。

日本ではSSRIやSNRIといった抗うつ剤がいまだに流通し、ベンゾジアゼピン薬害者に投与されるという愚行を犯しています。

私は抗うつ剤をかたくなに拒み避けているものの、ベンゾ離脱の後遺症からいつ投与されるかわからない危険にさらされています。

これだけネット社会になると、患者の方が先に情報を入手・分析し自衛しているのです。

多くの方が被害とクスリの危険性を訴えられています。

「向精神薬の危険性」「クスリをいかに安全に抜くか?」「離脱・禁断症状、後遺症を緩和する方法」こうしたことを

学びながら薬害者は前進せざるを得ないのです。

私のようなケースに陥った方は多くおられます。回復事例はあまり見たことがありません。
ただいたずらに歳月が流れています。

私に効果があったのは「福祉」の活用。孤立を強いられる薬害者には、とても心強い存在です。

あとは時間でしょうか。祈りながら、栄養を摂り、福祉を受ける これが今のところ可能な緩和法でしょう。

本当に厄介なクスリをのみ依存してしまったと後悔しています。

2 件のコメント

  • ATさんの文章に同意します。
    当然、医師にもよりますが、整形外科医は精神科医よりもいい加減な者が多いと聞きますね。
    肩こり、腰痛等で依存性の高い向精神薬を処方するなんて馬鹿げている。
    精神病だってそうです。統合失調症等重度の精神障害を除いて、例えば、不安、不眠、希死念慮ですら
    薬に頼るべきではない。薬で一時的に楽天的になろうが(=どうでも良くなる、判断力が落ちる。)、
    環境が変わらない限り、根本的解決にはならない。後で副作用や後遺症で悩むだけ。

    • 愛読者様。いつもコメントありがというございます。
      本当に何の解決にならない、むしろ悪化するというクスリ。精神症状はもちろん
      整形外科的な症状まで・・・この薬が麻薬と同じだと知って、自分の症状がよくわかりました。
      肩こりは温泉に行くとか、気晴らしするとか他に方法が有ったのに・・・
      精神症状も耐えれば良かったんです。何よりクスリの本質を知ることで自衛できたと思います。
      今は後悔だけなんですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。