今日の料理 卵目玉焼き 焼き餃子  200307

朝食兼昼食

卵目玉焼き

ピーマン、ウィンナー焼き

ご飯、味噌汁

白菜漬物

調子良い方です。
朝は米研ぎ炊飯、ぬか床回しをやりました。日課です。
毎週金曜日はヘルパーさんの都合で食事時間遅くなります。

今朝は通常通りです

夕食

餃子焼き(co-op自然派の化学調味料不使用、自然豚使用)
餃子のタレ(自作 醤油、酢、ゴマ油、ラー油)
トマトと玉ねぎの中華風スープ
ご飯

久々に焼き餃子

コープ自然派の冷凍ですがおいしかったです。


トマトと玉ねぎスープは胡麻油とケチャップで味付け。
トマトは丸ごと一個使いました

料理つくっているとお腹すくことが多いです。今日もそうでした。

いい兆候です。ただ薄くなった身体の違和感が辛いです。

たくさん食べるのも筋肉の薄さを無意識的にカバーしようとするからでしょう。

2015年に体の異変を感じて5年経過。筋肉の痩せは進行しました。

当時悩んでいた慢性胃炎は最近の料理記事の通り消失しました。

機能性ディスペプシア(FD)の診断を受けタケプロンなど胃薬の主なものは飲み尽くしました。
今も惰性でタケプロンを処方されたまに飲んでいます。

胃痛に関しては漢方の六君子湯とタケプロンが効果ありました。

根本的な改善はヘルパー支援と調理のおかげです。人の「気」をもらうことで胃痛が治ったように思えます。

最近効果があったのは長野式の鍼灸マッサージです。首肩を中心に鍼とお灸で治療しています。

効果がありました。

多くの人の力で胃痛が治りました。
今から考えると慢性胃炎は精神的なショックが原因だったように思えます。
それでもひどく長かったです。

医者に診てもらうと精神病を疑わて抗うつ薬をすすめられたのも無理ありません。

つまり精神科の領域でした。  精神薬などのめば逆効果なのでこれを拒みながらの生活。

協力的なヘルパーさんのおかげです(彼女は昨年ここを去ってしまいもういませんが・・今のヘルパーさんは別の方です)

筋肉減少、衰弱。強張り、歪みといった肉体症状は引き続き鍼灸を継続することで改善されると考えています。

料理ができるようになったので食生活からの改善も期待できます。

長い闘病の日々です。精神薬だけは手を出さないように気を付けたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。