シンプルに「ワードプレスとGoogleアドセンス」

3月になりました。2月11日にワードプレスでブログを始めてからまだ日は浅いですが、ウェブ検索でいろいろ勉強しました。
Googleアドセンスに関する知識情報がとても多いのと、Googleアドセンスがやはり一
番単価の高いASPであることがわかりました。
Googleアドセンスはやはり一番お金になり、
ポリシーもしっかりしているのですが、いつアカウント停止になるかわかりません。
そこでGoogleアドセンス以外のいろいろなASP、SSPを上げてみます。アカウント停止の
間に使えそうなASP、SSPで一番に来るのは、
「medi8」です・これはGoogleアドセンスと同じクリック報酬型ですがPVに応じてもお金が発生します。
申請が簡単でZONEという広告を貼りつけます。
Googleより単価は劣るものものアカウント停止の時に使えるASPとして候補にあがります。
ただし報酬に振込手数料がかかります。
三井住友銀行なら108円。「ゆうちょ銀行なら30円」という情報がありますが、これはデマです。気をつけてください。

次に来るのは忍者AdMax。Googleアドセンスと違って何の審査もなく、気軽に始めることが
できる初心者型です。但し報酬単価がものすごく低く、
Googleの 10分の一程度だそうです。Googleアドセンスを100とするなら、medi8は25、
忍者AdMaxは「5」くらいだそうです。

やはりGoogleアドセンスが一番で、初心者でもあまり余計なことは考えず、ワードプレスでブログを開設し、
記事を書くことに専念したほうがいいようです。Googleアドセンスは真面目にやっていれば
アカウントを取得し維持することができると思います。申請の際はやはりドメインとサーバー
をレンタルしてワードプレスでブログを開設したほうが、
効率的ですし、スマートで真っ当なブログが運営できると思います。

Googleアドセンス以外のASP、SSPのこと(medi8,nendなど)は、あまり考えない。上記で記したことを考えて、
健全に運営していれば、Googleアドセンスで報酬が発生します。
無料ブログサービスと違っていつ削除されるかわからないリスクがありません。しかも書い
た物の著作権は著者に帰属しますし、ブログが起動に乗ったときの
広告収入は自分のものになります。

ワードプレスブログとGoogleアドセンスできわめて真っ当なビジネスモデルで著作物としての価値も発生します。
アカウント維持のためのGoogleポリシーにだけは気をつけて、あまり余計なことを考えず、
ゆっくり、じっくりブログを作り上げていくという
姿勢が「資産価値のあるブログ」に重要だと思いました。

これからの世の中何が起こるかわかりません。ワードプレスとGoogleアドセンスでビジネスブログを持っておくことが、
これからの時代の自衛策になると信じています。
筆者は病中でこれを書いています。表現が未熟ですが、2月に始めたワードプレスを書くうちにいろいろ発見しました。
ウェブにはいろいろな情報があって、参考になりますが、あまり欲をはらず、
シンプルに「ワードプレスとGoogleアドセンス」というのが最も近道だと気づきました。私はあれこれ調べて疲れましたが、
読者の方は「シンプル」を心がけてください。他の情報はデマや間違いも多く疲れる上に何の利益もありません。

疲労困憊しています。今日はこれくらいに留めますが、なるべく毎日更新を続けていきたいです。

2月あれこれ試行錯誤してわかったことの要約は

「サーバーとドメインをレンタルしてワードプレスを独自ドメインで始める」
「Googleアドセンス以外はあまり考えない。仮に使ったとしてGoogleアドセンスの代用。但し報酬はかなり低くなる」ということです。

ここでは書きませんでしたが、
Google以外で必要なのは物販系のASP3つです。
「Amazonアフィリエイト、楽天アフィリエイト、A8ネット」

Googleアドセンス+e以外で必要なのは物販系のASP3つです。
「Amazonアフィリエイト、楽天アフィリエイト、A8ネット」です。

「アドセンス狩り」に注意

せっかくアドセンスに合格しても、怖いのはアドセンス狩りです。アドセンス狩りとは悪意のある人に、Googleアドセンスのコードを乗っ取られ、危険コンテンツに貼り付けられてアカウント停止または廃止に追い込まれる嫌がらせです。

Googleアドセンスコードはソースを右クリックしてみれば少し知識のある人ならすぐにわかます。これをアダルトや暴力といったコンテンツに貼り付けられる、一種のウェブページの改ざん行為です。

これを防ぐには、Googleアドセンスにログインして、自分のドメインを登録しておくことです。
これによりドメイン=URLの所有者は自分」という証明をするとアドセンス狩りの被害を防げます。

もう一つは「不正クリック」です。これも悪意ある人がアドセンスアカウントを停止又は廃止に追い込むための嫌がらせです。
特徴は「急にアクセスが増える」ことです。これにより、Googleから不正クリックをしたと疑われ、アカウント停止にされることです。

これを防ぐには「急なアクセス上昇」があれば、(それはCTRの急上昇として現れます)すぐにGoogleに通報すれば防げるそうです。

アドセンス狩り=「コード貼り換え」
「不正クリック」の2種類です。気をつけたいものですね。

(スポンサーリンク)



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

40代。近畿在住。単身。 向精神薬害で毎日闘病。 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!