生きる手がかりを求めて

正月元旦からずっと寒い日が続きます。寒さと同時に食欲が無くなりました。
2019年 平成31年ですが、筆者には全く関係ありません。
暦が変わっただけで月末下月初めという感じです。
ただベンゾ後遺症が進んでいるようで筋萎縮と横隔膜のコワバリに悩んでいます。
そして寒さで希死念慮が増してきました。
目をつぶっていると生命を停止させたい衝動に駆られるのです。

これはヘルパーさんに少し話しているだけでそれほど大げさに言えません。
看護師に話すのは自傷の恐れありと措置入院の危険があります。

寒い今だけの精神症状ならいいのですが、筋萎縮と言った
肉体症状が寒さと連動していることが
考えられ悲観的です。

食欲は生命の象徴ですが、完全になくなり吐き気さえあります。

毎食無理に食べている感じです。
まだ年末アレコレ食べる楽しみが少し残っっていましたが、
正月から全く途絶えたのです。

こうした中で目を閉じていると過去の記憶が甦ります。当時気づかなか
ったことにも気づかされます。
同時になぜ当時気づかなかったのか?激しい後悔の念もわきます。
また同時に生命の停止を意識するのです。

止めようとするナニカが働くのですが、生きています。それで次は自分で止めようと
考えるのです。

危険な状態にあると思いますが、もう楽になりたいという切望も強いのです。
頭はバカになってもいいからレキソタンをのんでふわふわ余生を送った
ほうがいいのかもしれません。

寒さ、筋萎縮、食欲皆無・・・

辛い症状の数々は生命力を低下させ希死念慮を高めます。
出口はありません。
奇跡的な快方を祈るしかないようです。

「本当に死ぬのではないか?」という不安が、しかし、同時に去来します。

希死念慮と死への恐怖・・・矛盾した感情があります。

自分の心が揺れ動いているのです。
1月の寒さはこうした感情を高めとても苦しいのです。

「寒さが苦手です」この3年、毎年他人に告げていた予測は当たっていたのです。

体の快方はありません。この点は楽観できないのです。

希望なく、年を取り続けています。

この点も希死念慮を高める要素となっています。

生きる手がかりをつかみたいです。

希死念慮に悩まされながらの生きることへの衝動・・
矛盾していますが、生きる灯がわずかでも残っている限りは

生存本能が働くようです。

しかしこの先どう変化するかわからず予断を許しません。
自分をどう表現していいかも迷いながらです。

再服用も視野に入れながらです。

耐えるのに疲れています。

体力さえ回復すればと願っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。アラフィフ。 向精神薬害で毎日闘病。 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!