自由を制限する筋萎縮

「悲運」

筋肉が萎縮するという病気は、行動の自由が制限されます。
外出が不自由になります。
なんとか肉体的に動けても精神的な落ち込みがありその意味でも自由がありません。
当たり前のように出歩くことができていたのも阻まれています。

これを精神疾患、障害として申告し福祉を受けなければならない。

本当は身体障害=神経障害なのですが、これは認められず精神障害とし
なければなりません。

本当に屈辱です。

最近は痩せが進行し胃袋が小さくなりました。食欲が途絶えたのです。
あらゆる欲がなくなりました。
物理的に食べるということも違和感を覚えるようになりました。

食事の自由まで制限され、生きる喜びがありません。

生ける屍のような体と日常。

この世に生を受けてきて発揮できない。
ベンゾジアゼピンという向精神薬の後遺症が長引いています。

断薬して正比例して肉体症状と精神症状は治りません。
むしろ上述した筋萎縮、食欲皆無、自責に念といった症状に悩まされるのです。

レキソタンのストックは山のようにあります。
ふと手をつけて「ベンゾとともに生きる」と開き直ろうと思うこともあります。

しかし断薬して2か月。
もうしばらく耐え抜きたいのです。

すさまじいストレスがあります。肉体の不自由、萎縮、痛み、精神症状。

全身の衰弱そして寒さ。かろうじて家の中で生きているのが実情です。

早くこのような無限ループから解放されたいと願うのですが、自分の
体を手術するわけにもいきません。

またお金の心配もあります。
40代は本来は人生の一番良い時かもしれません。

それが肉体的にも社会的にも最低なのです。
どこでどう間違ったか?

自らの非運を嘆きます。

「ストレッチは厳禁」

こうした体の硬直、萎縮を緩和するためストレッチで体を伸ばした
ほうがいいのかもしれません。

しかしこれも下山日記に記述されていたように全身が硬直したままなのです。

私はこのような症状に陥る前、アキレス腱を延ばしたり、
屈伸をするなど柔軟体操、
ストレッチを日常的な習慣にしていました。

しかし今はそれができません。

ストレッチをやろうとすると、体が拒否反応を起こすのです。

これでますます硬直するのでしょう。胃腸の働きも悪くなります。
冬に風呂の回数が多くなるのは、自然の本能で
身体をお湯にあてることで血流の促進を促そうとしているからです。

1日に最低3回以上はシャワーや入浴をします。水道代もガス代もそれぞ
れ1万円前後になります。

2015年に倒れたから毎年冬はこのような感じで両親に負担を与え続けているのです。
経済的困窮がまた状況悪化に拍車をかけているのです。

筋萎縮、硬直を打開するのにストレッチは役に立ちません。
全身の老化です。

時間薬を信じ暖かくなるのを待つしかないようです。
ベンゾをのめば筋弛緩作用で柔らかくなるでしょう。
しかしそれは反動でさらなる筋硬直をもたらすのはこれま
で説明してきた通りです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。