レキソタンはまだ必要 極端な生活と思考を修正してQOL一時的に安定

暑い日が続きます。レキソタンはまだ断薬できないままです。
向精神薬を飲んだことへの後悔がある余り、断薬を急ぎがちです。

しかしこの暑さでは持ちこたえられません。筋委縮はすすみ、
今ではTシャツ一枚でもブカブカになってきました。
かつての屈強だったことの自分の面影はありません。

肉が落ち自分が自分でなくなるような感覚で精神的に滅入ります。食欲皆無のまま。

貯金はどんどん減っています。今年初め障害年金の受給が決まりクレジットカードで散財したのが良くなかったです。

まあ楽しめる間に楽しんでおこうというのは正しいのでクレジットカードそのものは否定しません。
むしろ時間を買うことができるツールと前向きにとらえています。

しかしそれでも使い過ぎの傾向にあります。

解決法は古い弥生会計08に仕訳入力することです。

家計なら簿記3級宇初歩の知識で十分ですので、
クレカ使い過ぎの人は会計ソフトを利用なさることをお勧めします。

会計ソフトの導入で家計を締めクレジットカードで現金を持ち歩くリスクや釣り銭を勘定する手間暇を省き、

決済を自由にする。それを以ってバリアフリーとする。こうした感覚で筋委縮の中の経済活動を続けていきたいです。

世の中には完全肯定と完全否定の両極端な意見があり、自分も極端な性格ですからクレカを否定したかと思えば
肯定して散在する。

昔においてはベンゾジアゼピンを盲信し医者の言われるままに飲み続ける。
今は完全断薬にこだわるあまり、神経質なまで薬の否定をする。

40代後半になり自分の極端な性格を冷静に見つめることができるようになりました。

性格そのものは治らないでしょうが、少し反省する力でバランスをとるようにしたい。

薬にしてもレキソタンを完全否定するのではなく、セルシンを断薬いたのだから今しばらく付き合うくらいでしいでしょう。

「毒」だと言われていますがストレスに対処するのに許容できる範囲ではないでしょうか?

晩酌程度の薬と思えばそれほど罪悪感にとらわれず服用することができます。

問題は判断力の低下や攻撃性が生じないか?ということです。副作用があるということはまだ薬が効いている証拠ですので
良いことなのですが判断を間違い宗教の罠に陥らないか?

という不安が残ります。

減断薬中は心から信頼できる家族や支援者がいないと生活が成り立たないことを身を以って体験しています。

苦しみのあまり自称他害に陥るリスクも減らしたいのでこの夏はレキソタンとともに過ごしたほうがいいのかもしれません。

セルシン(ジアゼパム)が問題でした。セルシン注射があるくらいですから過剰な鎮静に用いられる極めて危険な薬で
筋萎縮の原因だと思っています。
胃酸逆流から始まり、胃がんを思わせるほどの胃の痛みから始まり、
手足の関節、臀部の筋減少、足裏薄化(ペタペタ)

手の弱さ、皮膚の脆弱とこの3年で進行しました。

今は食欲完全に途切れ精神的にも茫然自失です。

心身のバランスをとるために有効なのはやはりレキソタンの再服用しかないでしょう。

レキソタンで済んでいる内はそれでいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。