精神医療の罠から抜けきれません

サインバルタというクスリはのんだことがありませんが、
慢性疼痛」によく処方されるそうですね。

マイナーのベンゾと一緒に出されることもあると聞きました。
過去にメールを頂いた方達もサインバルタを服用されその副作用(作用?)に
悩まされておられました。

私もレキソタンの次にドグマチールかサインバルタを処方されたkとがあります。
その時はネットで除法を得ていましたので、のまずに捨てました。

ドグマチール、サインバルタも
メジャーです。

通常の精神科処方でもマイナーのベンゾの後という段階を踏むのですが、
外科で疼痛緩和に処方されている現実を知って驚いています。

レキソタンを安易にのんだ自分でさえ警戒するクスリなのに
外科で出されると普通にのんでしまいますよね。

精神科にかかっているという偏見はないでしょうが、クスリによる苦痛は同じです。

中枢神経に作用し、ホルモンの分泌が悪くなり、酵素が減る。

全て精神薬の共通する症状です。

また精神薬には筋弛緩作用、疼痛緩和(実は麻痺)の作用もあるので、
外科や整形外科でもその即効性から好んで処方されるのでしょう。

これにマイナーもメジャーもありません。

ただしクスリを「のんでいる間だけ」筋弛緩と疼痛緩和の作用ですので
必然的に「依存・中毒」になります。

問題のあるクスリ」とわかっていても「やめられない」構図が出来上がるのです。

現に私もレキソタンを「念のため」のんでいます。

やめられません。
のむ期間が長すぎたのとセルシンと併用し、その後遺症もレキソタン依存の大きな原因の一つ
だと思っています。

こうした薬害は障害とされ社会的に障害年金か生活保護で隠蔽してしまう、この現実
も本当です。

そもそも私はこのような「構図」を見抜いていたにも関わらず、大脳生理学者の新書に騙されました。

世間の安全神話もそれに拍車をかけました。のんでいる間も違和感と危険を察知していたにも関わらず

ベンゾの麻薬的作用と製薬会社のプロパガンダに騙されたのです。

「今となっては仕方ありません」

ダメージを受けた脳が自然にどこまで回復するか?が関心事項です。

ネットを通じた情報交換も精神的な力になり、生きる力につながっています。

もしネット情報がなければ精神薬を無批判ののみ続けていたでしょう。
人間は年を取りますから、加齢による肉体劣化も加わって混乱をきたします。

私がそうでした。

そこで初めて医者のいい加減さと製薬会社のインチキに気づいたわけですが、
社会的には障害者としてしか生きる道はなくなりました。

年老いた親は経済的に限界があります。また精神薬害を認める知力もありません。

認めると自分たちの間違いを認めることになるからです。

意図的に無知になる。頑固になる。問題はあるとはいえ福祉ヘルパーに頼るしかないのです。

ここでも結局、障害年金、福祉ヘルパーという流れができてそれが一つの構図
になるのです。

すなわち 「精神科⇒障害者⇒福祉、介護ヘルパー、障害年金」。

全て事前にわかっていました。しかし目前の症状とプロパガンダ、ないよりその中毒性
でこの構図から抜けきれない状態にいるのです。

簡単にいうと「茶番」です。

それにしてはあまりにも非人道的で代償の大きい薬害です。

よく平気でクスリを売っているな」と製薬会社、医者、薬剤師

恥知らずもここまで来るとただあきれるばかりです。

これが戦後日本の醜さの象徴といっても過言ではありません。

道義的にも科学的にも、国益の観点からも医療産業こそ改革の必要な分野です。

利権化されているので、この構造が揺らぐことはないでしょうが・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。