2019年も相変わらずベンゾ後遺症

正月というのに食欲が全くありません。
ベンゾジアゼピンの後遺症の筋肉痩せは進行し胴回りが痩せ服がブカブカです。

貯金とともに減る筋肉。

寒さと貯金と筋肉の減少で自分の破滅を感じます。
頭だけははっきりしてきてこれまで気づかなかった過去のチャンスに気づかされます。

13年前大きなチャンスをつかんでいました。それを放棄した。

そして地元で墓穴を掘っていたのです。
なぜ気づかなかった?自分を偽ったままでいた?

洗脳?薬物?  果てしない自問自答が続き私を苦しめます。

現実はお金も若さも筋肉も失いブザマな様子を福祉事業者にさらけ出しているのです。

愚かな父に洗脳されていた? 自分らしくない振る舞いは明らかに洗脳によるものです。

学の無い父に洗脳され不本意な人生を歩んでいたのです。

人のせいにするなと言われそうですが、失意の中大金を持たされ自分を見失っていたのです。

今から考えると下らないことで自分を見失っていたのです。

下らないことにとらわれることが私の精神疾患かもしれません。
しかしそれでベンゾジアゼピンをのんだのは間違いでした。

思考力が鈍り、判断を誤り人生を失敗しました。

そして体は崩壊し自宅で過ごしている。毒父に生活費を入れてもらい、
まさに飼い殺しの状態です。

「ここから出たい!」気持ちは正常化しても胃と筋肉の弱さでただ自宅で
息をしているのです。

1月1日正月。関係ありません。

毎日が闘病。

お金も稼がなければならない。この先どうしろと言うのか?私がそれほど責め
られなければならないのか?

あまりにも理不尽です。

加害者の医者やおかしな女は私より楽に過ごしている。

許せません。

こうした記憶がとめどもなく出てきます。薬剤性フラッシュバックでしょう。

クスリで抑えていた思考活動がクスリが抜けて活発化しているのです。

完全にクスリが抜けるまで耐えなければなりまません。

2015年に倒れました。3年前の2016年の正月はまだ外に気晴らしで歩けました。

今年2019年は食欲が全くありません。
倒れて4年目になるのに快方へ向かっていません。

2017年から来ていただいている訪問介護ヘルパーのお蔭でなん
とか意識を保っています。

もしヘルパーさんがいなければ毒父からの経済支援があっても、
精神的ネグレクト放置は続いていいるので
措置入院していたことでしょう。

最後まで毒父に苦しめられる自分の運命を嘆きます。

13年前、30代 人生をやり直せたのです。自分らしくなく父を敬ったのが
良くなかった。
父の決別するくらいのほうが自分らしくて良かったはずということです。

人生の判断のミスを認めるのが、体が衰弱した現在というのはあまりに残酷すぎます。

そしてこの10年間でもなぜ途中で軌道修正しなかったのか?悔やまれます。

同世代に話し相手がいなかったこれに尽きるでしょう。

「人の力を借りる」 今年も過去の反省を生かして生きるだけ生きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。