レキソタン再服用を考える

いつも前日の午前中にブログを更新するのですが、
最近は午後4時以降になっています。
筋肉の衰弱が進んだのと寒さのせいで体

を支えて動かすという動作がとても辛いからです。
前途もなく精神的に参っているのも原因です。

レキソタンというベンゾをのめばこういう精神

的な悩みはスカッと消えるでしょう。
麻薬的作用がベンゾにはあるのです。

こうしたクスリに長年の間、脳を支配されていました。
怖いです。

筋肉の衰弱もこの薬が原因薬剤なら怖いです。
いつも違う原因を考えるのすが、
これだけ長期の渡って固定化した症状はありません。

やはりベンゾが原因でしょう。
ならば自然治癒力、時間薬で治らないものか?と考えます。
他の薬害者の方の声がほとんどないので失意の中にいます。

ベンゾ後遺症を時間薬で治すということは3年前から信じてきたのですが、
全身の筋肉衰弱と胃の弱さになりました。

途中再服用を繰り返しながらですので、断薬を継続するのは難しいです。
現在は2か月継続できていますが、この最近の寒さと筋肉症状でくじけそうになっています。

原因はストレスでベンゾをのめばいい」とする解釈もできます。
こうしてベンゾを正当化して楽になり、食事をとるようにしたほうがいいのかもしれません。

筋肉症状が治るとは思えませんが、精神的には楽になるはずです。

ストレスが原因だとするなら、ベンゾをのんでストレスを緩和す
れば筋肉も治るというトンデモ理論も成り立ちます。

トンデモではなく本当かもしれません。
未知の病気はストレスである。」と言われます。しかしストレス説は多くの医者が誤魔化しに使う理論です。

もう何を信じていいかわかりません。
楽になるという点だけで判断したほうがいういのでしょうか・・・

結局薬をのむべきか、のまないか悩んでいます。

真ん中の2.5mgのむという選択もありますが、それなら断薬した方がいい・・

精神症状とい胃痛にはレキソタンで改善されるでしょうが、筋肉に対しては
良い影響があるとは思えません。

一時のら楽を求めて薬漬けになるのは、もう嫌なのです。

やはり忍耐しかありませんね。

物凄いストレスになり一日病床に伏せるという日々がまた続きます。
食欲が全くなくなったのでこの点は今まで経験したことのない苦痛です。

これを医療関係者に話せば「薬をのめ」と言われるでしょう。

面倒くさいですからね。しかし私本人の問題としてはあまり良くないのです。

レキソタンはもはや私にとって必要な物質かもしれません。

しかしベンゾ(レキソタン)の脱抑制作用でとんでもないことをやらかした過去があります。
もちろん毒親から洗脳されていたのもありますが、過去を引きずっている私には

こうしたこともレキソタンへの抵抗となっているのです。

体力が衰弱し食事も減っていしまった私にはレキソタンで改善ことも選択肢です。
どこか断薬を継続したい意思もあるのですが、
どうしていいかわかりません。

なので薬の肯定、否定両方の情報をウェブで読み漁っています。

ベンゾで気楽にポジティブに生きたほうがいいのかもしれません。
筋肉はどうなるかわかりませんが。

最後までお読みくださりありがとうございます。

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。