ヘルパー女性との別れ

親しいヘルパーさんともうすぐお別れすることになりました。

ご家族とご都合でヘルパー派遣会社そのものを退職されるというのです。

この一報をサービス担当者会議で上司の方と本人から聴いてショックでした。

2017年6月28日からずっと私を見守ってくれました。意識がモウロウとしている中で私の存在を認め、
励ましてくれました。脳の中の「ナニカ」がつながりました。

相談員Tの嫌がらせがありながらも、体が朽ちていきながらも、そして家族から見放され罵倒され
そのまま崩壊しかけていたのを助けてくれた30代のヘルパー女性。

本当に助けてくれました。時に私が良くないことを言ってもやんわりとやり過ごし不快になることなく
無言で警告。そしていいことを言えば鋭い感性で受けとめてくれました。

私の言葉をよく理解した上で自分の言葉で答えてくださいました。

40数年生きてきてこのような女性にあったことはありません。
性別抜きにこのような人にもあったことがありません。

苦しい中でも耐えることができたのはこの30代ヘルパー女性のお蔭です。命の恩人です。

「言葉には力が」あるのです。

その彼女がこの3月から会社を退職しご家庭に戻られる。

大きな戦力を失いましたが、この決断も彼女らしくで敬服に値します。

まだヘルプ期間が残っているので、彼女とは完全にわかれたわけではありません。

まだ実感として変化を受け入れていませんが、ショックなのは確かです。

出会いがあれば別れがある」ヘルパー女性と仲良くしつつもいつまでもこうした状態は続かないことを自覚していました。

そしていつか来るであろう別れを予期していました。

しかし今回のお別れのお知らせは予想外であまりにも早すぎました。

ヘルパーの彼女は家事の助けになるだけでなく、私の運気を良くしてくれました。

なのでこれから彼女が抜けることで自分の気力と運気が抜け去るのではないか?と不安に感じています。

ヘルパーというお仕事は単なる家事労力ではないのです。精神的な支えなのです。

そしてこの精神力が科学的には解明不可能な肉体の苦痛を緩和するのです。

できないと思っていたことができるようにもなりました。人の力、気の力、精神の力、

魂の力というのは存在するのです。

宗教には否定的な自分でも福祉ヘルパーから受けた気力、運気、精神力によってその存在を認めざるを得ません。

私より年が一回り下の女性でしたが
教わることが多く尊敬しています。

なので今回の別れの報は本当に悲しいです。どこかショックを受けているでしょう。

1)人間は一人では生きられない。2)言葉は人を生かしも殺しもする。3)精神の力、魂の力は存在する

4)お互い尊敬しあうことの大切さ。

彼女との交流から学びました。

完全に実践しきれていませんが、他者との交流で学びえたことです。

今回は長く親しくしてくれたヘルパー女性との別れのお知らせでした。

完全な別れまでまだ2週間あります。心を整理していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。