脳の総合的機能訓練

毎日寒い日が続きますね

ベンゾの後遺症か重度のストレス疾患での不調かわかりませんが、
とにかく耐え忍んで生きています。

このような時にAmazonマケプレでの売上げが続いています。

純益1000円程度ですが、昨日は2つ連続で売れうれしい気分です。

病気とはいえ非生産的な日々。無為な日々で精神も蝕まれます。

たとえネット販売での売上げの軽作業とはいえ労働の充実感があります。

ただ売れ筋商品はメーカーから卸しを制限され、利益計画が立てられないことです。

Amazonでは現在200点以上出品しているのですが、売れているのは12月に仕入れ始めた「本」だけです。

これが飛ぶように売れる。
入荷して出品すると2日くらいで完売です。

こういう売れ方がもう2か月くらい続いています。メーカーの版元と直接取引して仕入れることができれば、
障害年金分くらいは売りさばく自信があります。

筋肉が薄くても、胃の痛みがあっても、利益が出るのなら、少しくらいは耐えることができます。

自宅と自宅周辺の作業ですが、労働には変わりありません。薄利とはいえ働いている実感があります。

1)仕入れて2)出品して3)発送するだけのきわめてシンプルな作業。簡単な仕組みです。

但し楽ではありません。とりわけ体の不調を抱えているので何かと気苦労と体力を使います。

それでも売上げが全てを癒すような感覚にとらわれます。

なんでもネットで完結する時代を感じています。障害のある者にとってインターネットは生命線。

食料雑貨調達、他者との連絡、そしてオンライン商売。仕入れも販売もネットでできるのです。

障害者が生き残る道はインターネットしかないでしょう。

ベンゾを止めることができればもっといいのですが、そこはやはり麻薬まがいの向精神薬。いくら合法とはいえ
酷い依存性と副作用があります。

現在飲んでいるレキソタンは副作用も禁断症状も後遺症も少ないと言われていますので
近い内に辞めたいです。いきなりの断薬はリバウンドがあるんで細心の注意が必要です。

しかし体重が増えて、胃腸の調子が上向き、気温が上がればレキソタンの断薬は可能でしょう。

筋肉のコワバリと萎縮は耐えるしかありませんが、動くことができるなら、回復する可能性もないことはありません。

ただ前例がないので筋肉に関しては不安と恐怖があります。

できれば2015年の過労と栄養失調が原因だと思いたいのです。

つまりベンゾが直接原因ではなく他のストレス要因、栄養失調が原因だと考えたいのです。

こうすれば希望が出ます。時間とともに回復するからです。

そしてAmazonなどネットでの売上げが上がればそこそこの生活レベルは保てるはずです。

脳が元気でなければなりません。これまでレキソタンとセルシンの最大処方量を7年過剰処方され

脳にかなりのダメージがあると思います。

セルシンは3年前に断薬しました。残すはレキソタン。

抜けそうですが、全身のストレス症状を考えると、まだ難しいでしょう。

これ以上の向精神薬を増やさず、福祉ヘルパーの支援を受けながら
食事と運動、会話、遊び、そしてネット商売での売上げを伸ばすことなど
総合的な脳の訓練、刺激がベンゾでダメージを受けた脳の回復に役立つでしょう。

あくまで断薬が前提です。

しかし今は最低限のレキソタンは容認しつつ、総合的な脳の回復訓練に取り組んでいきたいです。

脳の機能は未知数です。ダメージを受けた脳は必ず回復する。一部でも正常な脳の部位があれば回復すると
信じて日々を過ごすよう心がけています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

40代。近畿在住。単身。 向精神薬害で毎日闘病。 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!