<スポンサーリンク>



筋肉再生のイメージ 心像を抱く

    <スポンサーリンク>



日々肉体が衰弱して文字通りギリギリの日々を送っています。

上半身の筋肉が強張っています。なので、血流が悪く締め付けられていくような
感覚です。実際、細くなっています。

このような現象は通常ないので他者に説明するのは難しく、ただ自分の症状と向き合うことを
余儀なくされます。

「ベンゾジアゼピンだけでこんなことになるのか?」と正直に思いますが、
他にこれと言った原因もなく薬害としか考えられません。

治療法はただ安静にあして福祉ヘルパーに家事手伝いをしてもらうことです。
お金の心配もあります。障害年金が通ったところで「ようやく」という感じですが、

肉体、経済両方がつき始めています。両親からは現物支給のみで家自体が貧窮化。

私が何とかしなければならないのです。無理です。ただ絶望です。

あえて挙げると障害年金と自己治癒力。この二つでしょうが時間ばかり消耗せざるを得ません。

その間に周囲の環境も刻一刻と変化することですし、「真の安定」とというにはほど遠い状態です。

事ここに至れば「後悔」の念がよぎります。もうどうしようもないのですが、過去と向かい合い「悔いる」

ことが唯一の「時間との向き合い」に変化しつつあります。

「心の像」をいかに立てるかということです。以前、「イメトレ」が良いというお便りを頂いたことがあります。

イメージトレーニングが筋肉再生に効果があるとのことで、寝てばかりいる自分には、
このイメトレ=心の像、心像を抱く」ということが、原動力となり、再生への手がかりになるかもしれません。
昨年の不利な中の障害年金の申請手続き準備もこの心像=イメトレが原動力となったと思います。

というのもヘルパーの通院介助がイメージとなり恐怖を打ち破ったことが力となり
、申請手続きの仕上げへの力となったことを思い出したからです。

筋肉再生には程遠いかもしれませんが、なんらかのきっかけを得る力がイメトレ、
心像を抱くことから始まるのではないかと
思っています。
もちろん思うだけで肉体は変化しませんが、神経細胞の関与がありますので自然と何を成すべきか何を食すべきかを
判別する力になるという期待があります。

ベンゾジアゼピンはアンフェタミンと同じ化学物質で、アンフェタミンが商品名「ヒロポン」として
日本で販売されていた、合法だった時代を忘れてはなりません。戦時中は「特効薬」として用いられていました。

これでどのようなクスリか想像がつきます。やめた後も後遺症が存在すること容易に想像がつくと思います。

ベンゾジアゼピンもヒロポンと同じ成分で合法化されている危険薬品に過ぎないのですが、この歴史はあまり知られていません。
近現代史の真実は日本においては大きな力によって真実を封印されています。
欧米列強としのぎを削った20世紀、近現代の歴史を振り変えると、おのずと、危険物質の存在が浮かび上がってくるのですが、
多くに人は大資本に都合のいい歴史しか教わっていないと思います。

薬に関することは、利害が絡みます。精神薬に至っては「治安維持」という要素も入ります。
利権と治安維持。資本と優生学。誰にとっての利権と治安でしょうか?

薬害にしろ食の安全にしろ私たちの目の前に繰り広げられる健康と安心をめぐって様々な欺瞞が見え隠れするのです。

朽ち果ては筋肉で部屋中を彷徨いながら、真の解決に至る努力を知性の面からも果たしていきたいのですが、
気づくのが少し遅かったようです。

薬は抜けてきましたが、筋肉が削げ落ちています。足首回りも細くなって足を引きずるようです。
物理的に歩行できるからも不安になっってきました。

イメトレ、心像、歴史的アプローチこれらの精神的アプローチが必要になってきました。
薬物作用という物質作用の前にはささやかな抵抗に過ぎませんが・・・

祈るような日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アラフィフ男性。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的にも窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護員(ヘルパー)さんとの心温まる日常を送っています。気分変調症。障害基礎年金2級。薬害、障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!