新しい事業所からのヘルパーさん

突然退職した30代女性ヘルパーさんの代わりに新しい事業所からのヘルパーさんの派遣を受けています。

年齢は推測ですが、70代と50代後半と思われる女性二人組。

ヘルパーとしての力量は全然ダメです。

30代女性ヘルパーさんは、家事も会話のレベルも良くて苦しい中本当に力になってくれました。

若さと真面目さを兼ね備えた人材でした。それが今年2月の突然の退職で今は自
分の親くらいの年齢の方と50代後半くらいの女性ヘルパーの二人組。

心理的抵抗があります。家事をするにもいちいち質問してくるのでとても疲れます。

事業所のレベルが低いのです。利用者の私がこれまで受けた家事のやり方の流れを教えるほどです。

唯一良い点は和食ができること。この点は若い人より断然いい。

まるでどこかの定食屋に来ているような感覚になります。

それでもどこかぎこちない。慣れれば解決するのかもしれませんが、正直「しんどい」。

意識と知力はかなり回復してきたとはいえ、筋肉の衰弱は固定化されたまま。

まだレキソタン5mgも抜くことができていない。

こちらの精神薬の薬害状況を知らせても、意思が伝わりません。

新しい事業所のヘルパーさんは、会話を重視しない、余計な会話をしません。事業所の方針なのでしょうが、
こちらの「食事と会話」という要望が全く反映されておらず、今後のケアに不安が残ります。

ゴミ出しの日に来てくれゴミを捨てに行ってくれるので、それだけは価値があるのです。

会話がほとんどないので、通常90分ですが、60分と30分短縮しています。

精神障害のヘルパーなのに会話を重視しないやり方は、介護保険の高齢者向けだからかもしれません。

いずれにせよ精神の障害福祉というもののレベルの低さを感じます。

それにあと数年で要介護レベルになりそうなお婆さんヘルパーにヨロヨロと家事をやられるのは

心苦しいです。

この件アラサー女性のケアマネ=相談員に伝えているのですが、「慣れるまで我慢」というようなことを言われました。

なんでこんな人選をしたのか?人材不足?
これなら初代ケアマネの相談員Tのほうがまだマシなヘルパーを連れてきました。

同世代、40代女性ヘルパーに批判的でしたが、70代前後のヘルパーさんい来られると40代女性とは違った

心理的抵抗と壁を感じています。

これもまた贅沢な不満でしょうか?

今に移民の外国人ヘルパーが来るようになれば、「日本人ヘルパーの和食が食べたい」という日が来るはずです。

結局ないモノねだりなんでしょうね。

「家族と社会の崩壊」

それにしても障害者として2017年からヘルパーさんを多く見てきました。

少子高齢化、非婚、離婚、機能不全家族の意味を彼女たちと会話することで、より身近なこととして感じました。

そして団塊の世代が後期高齢者になる2025年以降に日本社会の崩壊を感じさせられました。

敗戦後日本は、大家族制度がなくなり核家族化になった、ならざるを得なかった。

そうした戦後民主主義社会の象徴である「核家族社会」の崩壊が平成の終わりとともに
本格化しているのを感じました。

こうした時代に対抗できる方策として、健康であらねばなりません。

そのためにまず、
若い人は向精神薬をのまないこと。向精神薬に治療効果はありません。
「異常者、劣等者を鎮静させる」という白人優生主義が根底にある差別制度の現代版が
精神医学と精神薬なのです。

そこには治療はありません。鎮静、拘束、隔離、隠蔽・・

私たち市民社会の敵なのです。医療の衣をまとった悪魔。死神です。
近づかないでください。もしのんでしまったらやめるようにしてください。

禁断症状があります。後遺症もでますが、クスリはのまないほうが心身共に健康につながります。

高齢者は足腰を鍛える、アルコールはのまないようにするなど自衛が必要です。

高齢者も少なくとも向精神薬をのまず自然食をとって毒を遮断するのが最善の自衛策です。

少子高齢化、高度消費社会。いつまでも若くありません。向精神薬をのまず、
質の良い食事を家族で食べる。

この当たり前の家族の習慣ができていれば、家族も社会も崩壊しません。

今の社会はそれと正反対に医療食品業界が利益優先で家族を破壊し社会単位で崩壊の危機にあります。

食品業界、製薬会社、医療業界に食い物にされているのです。

今の日本では、大きな安定的な価値観が崩れ去り、
弱いモノが生きにくい社会になりつつあります。

大きな視点で家族と社会の改革が必要です。

国家という単位で物事を考えなければなりません。しかしそれは戦後否定されてきました。

国家と歴史の再興こそ安定した福祉の基礎になるのです。

まず自分が強くないと弱者を助けることはできません。

今の日本は強いものを食品や薬物で弱体化させようという悪意に満ちているのです。

まず自分から気づくことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。