レキソタンに耐性

唯服薬しているベンゾのレキソタンに耐性がついてきました。
背中のコワバリが最近酷くなってきました。

筋肉が薄くなっているのでコワバリがよりダメージとして身体に響きます。

貯金を取り崩し、僅かな障害年金で経済的にも貧窮。

家族(毒親)との関係は良くない。

福祉も主戦力のヘルパーさんが突然の退職で抜けて頼りない人達とのやり取り。

40代中年でこのような悲惨な状況になるとは思っても見ませんでした。

思えば20代30代、チャンスと体力に恵まれながら、それを見抜けず、30代にさらにベンゾに溺れました。

ベンゾ=ベンゾジアゼピンは合法麻薬と言われています。

今のンでいるレキソタンもベンゾの代表格でこの5mg玉はとても強いものとされています。

今はそのレキソタン5mgさえ耐性がついてきたのです。

SSRIや他の抗うつ剤に変薬はしたくない。精神約そのものが嫌です。

レキソタンの増量でしのぐしかありません。あまりやりたくありませんが、最後の選択肢として

レキソタンの増量という選択は残しておきます。

19年のんでいますから、もうのみ続けた方がいい」のかもしれません。

家族も世間も冷たい。福祉もあまり良質でない部類の人達が多いので虐待リスクにさらされています。

就労にも耐えられそうにありません。意識と頭脳は健常者並みに働いても肉体が崩壊しているのです。

向精神薬は麻薬まがいのクスリなので、断薬すると筋肉が消失しアバラがみえるようになったという記録を
ネットで時折見かけます。

今の私がそれに該当します。

まだレキソタンを抜けきれていません。それどころか増量を考えている。

心が定まりません。

どこかで終止符を打ちたい衝動に駆られます。しかし「このまま終わりたくない」という欲求もあります。

残酷なクスリです。健康な肉体、筋肉だけでなく、時間、お金、誇り、尊厳あらゆるものを
奪い去っていきました。

クスリに溺れている最中も決して成功した人生ではなく、今はただ、空虚な感覚した残っていません。

「普通」ということがどれほど大切か、思い知りました。

そもそも「クスリで別人になろう」という変身願望がありました。これは異常な願望で、
昭和時代の過度な競争社会の名残りです。2000年に毒父が単身赴任から解け共同生活をする、
それに対処するためベンゾに走ったという動機もあります。

ベンゾなんかのんでもただのごまかしです。ゴマカシだけですめばいいのですが、服用中は思考力が低下し、発言
も攻撃的になります。

気づいた時は重度の依存。そこから抜け出しても副作用と離脱症状で心身ともにボロボロになります。

つまり向精神薬などのんでも何の解決にもならないどころかトラブルをひき起こし、精神的に脆弱になるだけです。
挙句に筋肉まで薄くなります。

人体破壊、人生破壊の薬なのです。

精神医療のマーケティングに騙されました。

大きな過ちです。

今もレキソタンから抜けきれません。障害年金と福祉ヘルパー派遣のため精神科通院からも抜けきれません。

体力とお金に余裕のあるもう少し若い時に気づくべきでした。

悔やんでも悔やみきれません。

今回も同じことの繰り返し。
最後までお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン の筋弛緩作剤、向精神薬です。 いわゆるベンゾ離脱です。 当ブログは療養記録です。2020年2月料理日記はじめました。 (服薬歴) レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を 2007年からカクテル処方され、8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 悪い事に家族との不仲で、経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けながらベンゾ後遺症を 闘っています。 診断は「抑うつ」。ブログで情報発信しています!