筋肉減少に関する考察

レキソタンは夕方の5mgのまま、日々を暮らしています。
風邪を引きやすくなりました。筋肉減少による免疫力の低下のためです。

この筋肉減少の関し、2015年に激ヤセした反動による栄養失調によるものか?
ベンゾの常用量離脱と後遺症によるものか?あるいはその両方か?

いずれも判断がつけにくいです。

ヘルパーさんに調理支援で来てもらい、抑うつ症状が改善されていますが、
この筋肉減少に関しては、理解が得られません。

「運動不足」で「運動すれば筋肉は回復する」と結論付けられます。

そんなに簡単なことでしょうか?2016年に他のベンゾ薬害者さんとのメールのやり取りを読み返しています。
そこには当時から筆者は「筋肉減少」を訴えています。

つまり少なくとも3年前からずっと継続、慢性化した症状なのです。

単なる栄養失調や運動不足ではないナニカ、つまり脳神経の変性(破壊)によってゆっくりと筋萎縮が
進んでいるしか考えられません。

メールの相手方は「スライム状に」と表現されていました。
私もそうです。2017年、2018年と年数が経つにつれスライ状に筋肉が薄くなりました。

痛みは点になり、痩せて枯れれるとその痛みの点が消失します。

痛みは少なくなる代わりに、筋肉のクッションまでなくなり、動きにくくて、風邪を引きやくなるのです。

爪も少し変色しました。これは自覚がなかったのですが、ヘルパーさんに「手の甲が白くなって爪の色が
薄い」と言われました。

爪色の変化も筋肉減少による体質変化だと考えています。

どこかでゆっくりと何かが進行しています。
脂肪が増え、体重が増えたので、それほど病気であることは他人には認識されません。普段から
観察しているヘルパーさんだけが少しばかり、体や顔色の変化を察知してくれます。

この点精神的に助かります。筋肉減少はこれからもゆっくりと進行するでしょう。治療法は見当たりません。
ただ食べて、少し筋トレをする。スクワットを5回程度。あとは家事をやって筋肉に刺激を与えるようにしています。

しかしもう胸周りも臀部(お尻の筋肉)もすっかり痩せてしまい、以前のような「筋トレ感覚」がありません。

あまり効果の無い筋トレになってしまうのです。その負担がヒザ周りに疲労物質として蓄積します。

これがまた不快感となり足の負担となってメンタルまで落ち込みます。

足にハリと千年灸をすることで、疲労物質を取り除くように鍼灸治療を重視しています。

ここから体全体の気に流れがよくなれば、胸回り、背中、胴回りの筋肉維持になんらかの良い影響があるかもしれません。

ずっと進行している筋肉減少。レキソタンをずっとのみ続けることでステイを保っています。

断薬を考えるより、筋肉の維持を優先してい考え、鍼灸治療などで体の疲労を取り除き
自然治癒力を高める。

この3年の筋萎縮の経緯を考えると、ヘルパーさんの居宅介護と鍼灸治療がいいのかもしれません。

ベンゾ離脱による筋肉減少に関する考察を続けています。
最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。