保有クレジットカード11枚保有年会費コスト計算でAmazonゴールドがお得と判明

所有カードたちの年会費。

Amazonゴールド 年会費、ウェブ明細割引で 9720円(内3900円 Amazonプライム)(税込み)

三井住友VISA 個人、事業用 合計3枚=1250円×3=3750 (税込み)

JCB 法人カード(事業用)1250円(税別)(消費税10パーセントとして1375円)

JCB viaggio  1500円(税別)(消費税10パーセントとして1650円)

OMC VISA セディナカード 1000円(税別)(消費税10パーセントとして1100円)

年会費合計=年15720円 。税抜きカードの税金入れるとAmazonゴールドでの保有年会費合計約17,595円。

内3900円はAmazonプライム代としても実質年会費13695円。少し高い。ギリギリどこかのゴールドカードの年会費相当分です。

三井住友VISA年会費は、ウェブ明細+6か月連続で使えば500円引きになります。

なので一枚500円×3枚=1500円年会費割引きすることもできます。

JCB viaggio 年会費は指定公共料金引き落とし決済カードにすると無料になります。
Amazonゴールドに集約するか、思い出のあるJCBカードを残すか。

迷います。

三井住友VISAは一枚減らしてもいいかもしれません。余計なカードが多いのはわかっています。

自分にクレジットカード・コレクター癖があるとは思っても見ませんでした。

年会費無料又は割引のために支出を増やすのはナンセンスなので、思い切って余計な年会費のいるカードを解約するしかありません。

事業用カードも今はあまり意味がありません。経理上のためとはいえ、事業とは言えないレベルですから。

しかし今後法人・個人事業用カードに入会する手間暇、入会否決リスクを考えると事業用カード
は保持しておいたほうが賢明かもしれません。

迷います。

(その前に体の回復、精神の回復が前提なのですが・・・)

楽天、ヤフーは年会費無料。NTTカードはウェブ明細で年会費無料。
ドコモDカードクラッシックは年に一度でも決済すれば
年会費無料。
こういうのは楽ですね。

AmazonゴールドをダウングレードしてAmazonクラシックにすればこれも年一回の決済で年会費無料になります。

Amazonゴールドをダウングレードして年会費無料カードにすれば、
三井住友VISA3枚とJCB法人カード、JCB viggio, OMC VISA
合計6枚で年会費総額は7,875円(税込み)になります。

これにAmazonプライム3900円を入れると11,775円になります。


ゴールド保有との年会費の差は約6000円。 6000円は大きいですが、Amazonゴールドだとポイントで元は取れそうです。

ここでもやはりAmazonゴールドがお得という計算になりました。JCB viggio, OMC VISAたちを思い切って解約すれば
さらに2750円浮きます。

さてどうするか?

年会費割引制度を活用するか?それにプラスして枚数を減らすか?迷います。

Amazonゴールドは他のカード解約無しで年会費の計算して比較してもやはり「お得」だと判明しました。

Amazonクラッシックで計算した差は、6000円の差です。

Amazonゴールドを保有したまま他のカードの会費割引と枚数減らしをすれば、
かなりコスパの良いカード保有状態になります。

Amazonゴールド年会費は、プライム3900円込みで10800円、ウェブ明細1080円割引で実質5820円。

さらに2.5%の還元率(Amazon内)
Amazon外でも1%のポイント還元率です。

やはりAmazonゴールドは、対費用効果(コスパ)がいい。Amazonのヘビーユーザーの私にはAmazonゴールドは必須なようです。

使い過ぎに注意するだけです。持つならAmazonゴールドに集約してあとは三井住友VISAを数枚と年会費無料カード
という選択がいいんかもしれません。これだと総額 年1,3400円。プライム3900円を引くと実質9570円。

格安のゴールドカードでコスパが良い計算になります。

Amazonゴールドのダウングレードを考えていましたが、計算し直すとAmazonゴールド保有がお得だと判明しました。

私はAmazon関係者でも回し者でもありません。

クレカの整理に悩みんだ末の思考の記録です。

Amazonゴールドは利回りの良い株みたいです。投資して十分元がとれるカードだと思います。

使い過ぎには注意が必要なのは言うまでもありません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。