<スポンサーリンク>



レキソタン減断薬に関するメモ 朽ち果てた体で

    <スポンサーリンク>



外は天気が良さそうで、外出したい日ですが、私は家で痛みを耐えています。

おそらく中枢神経の故障でしょう。あまり認めたくありませんが、

筋肉衰弱と食欲皆無の慢性化が2年以上というのは異常です。

ずっと別サイトのブログ(現在引越し中)で書いてきましたが、快方の傾向になりません。

「時間薬」と言われていますが、そうでもなく、衰弱するところまで衰弱し

た感じです。ここから「V字回復」が望まれるのですが、どうもそうではあり

ません。筋肉質だった体は痩せ腹回りばかり出ています。それでも体格が良か

った名残りで服を着るとそれほど衰弱しているように見られません。これが

良いか悪いか別として、機能低下した体と欲を感じない状態は「惨めさ」を

残します。これで家族から罵倒を受けているので惨めさがよりあります

。「なんて残酷なんだ」という驚嘆さえあります。

 

どこまで克明に書くべきかわかりません。「本当にそんなことあるの?」

という状態が続いています。筋肉と胃だけは丈夫で絶対の自信を持っていまし

たから、40代でこのような低下はプライドを砕かれ、20代、30代の栄光ばかかりが甦ります。

 

「こんなことが許されていいのか?」「精神科医は意図的にこのようなこと

を計画して投薬しえいたのか」朽ち果てた体の中でお思うのです。願わくば、

「この酷さは好転反応の現れである」と信じたいのです。

 

「信じた先、救われるのか?」

 

呼吸筋まで到達しそうな衰弱です。おそらく「栄養」が行き届いていないのでしょう。なので、食欲がないのに異常に食べ「何か」を確認しようという自分がいます。もっとも今日は全く食欲がなく、「水」を少しのみながら過ごしています。

「今度は本当に栄養部毒になるのではないだろうか?」という不安がよぎります。

 

医師によってベンゾジアゼピンを長期大量服用させられた今、精神医療と精神薬の非人道性を感じ、ここに告発の意味を込めて

書き残しています。屈強な男性でも筋肉が落ち、衰弱する物質なのです。

精神医療の宣伝と権威に騙されないでください。「栄養と会話」こそが最大の予防策で治療法だと確信しています。

 

 



2 件のコメント

  • こんばんは。ATさんの疼痛はどういった感じですか?(痛む場所、ひどさ等)
    私は離脱症状から線維筋痛症になった感じです。
    首より下が全身痛みます。私もATさんと同様で中枢神経性の症状を疑っております。
    鎮痛剤、栄養、運動、休息全てが無効です。
    筋肉痛というより神経そのものが痛いと表現したら良いでしょうか。
    力も出せません。筋減少も起きています。
    そういう意味では、ATさんの症状と類似しているかもしれません。
    (私は疼痛が主症状ですから、下山日記の著者とは違っています。
    彼は疼痛についてはあまり言及がなかったような。)
    精神科の門をくぐったこと、私も後悔するばかりです。

    • 愛読者様。こんばんは。今ちょうど疼痛について考えていたところです。私の疼痛といえる箇所は上半身全体です。
      背中、首、胃の周りなどの筋肉が萎縮している感じがあります。
      服用当初、これも「原疾患」の一つと思い込み、
      ベンゾにますます飲むようになっていました。コメントを拝読している限り、
      愛読者さんの症状とよく似ています。私は特に胃の回りの筋肉に直撃したようです。冬場は特に筋肉が硬直した感覚です。ベンゾは筋弛緩の作用もありますからね。
      万策尽きた感じです。それでも気温が高くなれば少し和らぐと信じています。コメント感謝です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    アラフィフ男性。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的にも窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護員(ヘルパー)さんとの心温まる日常を送っています。気分変調症。障害基礎年金2級。薬害、障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!