食養生 民間療法にかける

断薬を継続しています。自然断薬になって約5日ほどになります。
9月に入り暑さも和らぎ胃の調子も少し(ほんのわずか上向き)断薬には絶好のシーズンです。
筋肉減少は相変わらずです。食べても身につかないので中枢神経の故障かもしれません。

朽ちるのをただ観察している状態です。それも意識がベンゾジゼピンを服用している時より
明敏ですから残酷な感覚に襲われます。

このベンゾジゼピン向精神薬はホルモンの造成を乱します。

18年前に服用し始めた頃から薄々気づいていました。

それでもストレスの方が有害と決めつけ精神薬に依存し今は後遺症で苦しむという有様です。
情けないです。

ホルモンの造成、分泌を回復させるには、「食養生」しかありません。

生姜、牡蠣、ニンニク、ニラなど世間で「滋養強壮」「精力増強」とされる食品を
なるべく天然のままで取り寄せ料理して食べています。
ほんのわずかな抵抗です。

これに最近マムシが加わりました。これも世間で「滋養強壮」「精力増強」とされる食品ですが
日本では昔から農村にかならずマムシ漬けの一升瓶がありそのグロテスクさに
恐怖と田舎への偏見を持ったものです。

それが今や自分の壊れた体を治すかもしれない希望の食品として大金をかけて購入して食しています。

食事全般の見直しは自分の愚かな食生活と西洋医学への盲信の間違いを気付かされます。

なんとも皮肉で不運な人生を送っています。

マムシ療法が奏功して基礎体力がつけば中枢神経にも何らかの良い作用があるかもしれません。

西洋医学ではオカルト扱いされている民間療法ですが、
だからこそ逆に効果が見込めます。

ベンゾジゼピンが単なる騙しの麻薬まがいの薬でそ
の破壊性を認識せず長期漫然処方した医者や医療など
信用できません。

外科的療法くらいしか西洋医学は役に立ちません。それこそマムシに噛まれた時くらいでしょう。

科学的に未解明でもマムシ療法など日本に古来から伝わる民間療法の方が安全で効果てきめんだと予感しています。

ベンゾの離脱、断薬にこうした民間療法に効果があればこのブログの役割も半分以上達成したことになります。

目先の苦痛緩和のために向精神薬などに手を出さないでください。今から考えれば肩こりと不眠症くらいで
ベンゾをのんだのは愚かでした。

離脱禁断症状で苦しい時に頓服程度がいいのです。(この辺は妥協しています)

本当は向精神薬などのまずに食養生、マムシにみられる民間療法をとり入れておけば災難にあわずにすんだのにと
おもうといたたまれません。

西洋医学=製薬会社の宣伝広告はすさまじく多くの人を洗脳し人生を破滅させています。

ボロボロになった体でマムシ療法。これ以上の治療法はないでしょう。

マムシだけでなく、天然の生薬であるニンニク、ニラ、玉ねぎ、人参など多くの食品をバランスよく取り入れ
体の持つ潜在能力にかけてみたいです。

問題はお金と福祉の協力がどこまで得られるかです。

一番最悪の時に多くの戦いを強いられ苦戦しています。

食養生が突破口になることを祈るばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。