筋萎縮と栄養療法

完全に体が壊れた感じです。誰から見ても「筋肉痩せ」

しかし「本当にクスリのせいなのか?」と疑問に思うことあります。

別の原因探すのですが、「栄養失調」が答えとしていいところで、ほかに見当たりません。

が、これほど長期で慢性化している現状からやはりベンゾジアゼピンの後遺症だ思います。

宅配員の方からは「元気になった 声も太くなった」と言われますが、私本人はそんな感じしません。

臀部も薄くなり椅子に座ると情けないです。体までボロボロにされ悲惨さだけが残ります。

このようなクスリは人間の尊厳を奪うとんでもない物質だと思っています。完全断薬して
栄養と運動で機能回復するかもしれませんが、
ヘルパーの一言でレキソタン5mを服用したところです。「漸減」を言い訳にしました。
しかしここまで来れば増減薬関係ありません。

ひたすら痩せ続け、機能できない体を耐えながら、「リハビリ」しか道はないのです。
収入源はブログになるでしょう。

それもいつまで続けられるかわかりません。今もヒジの肉が薄くなりタイプが辛いです。
体が崩壊しているのに、経済面からも責められています。

ただ「後悔」「後悔」の連続です。

「牡蠣・栄養面への配慮」

体が朽ち果てた今や、いかに効率良く良質の栄養を摂るかです。魚介類を中心に摂ることにしました。
中でも「牡蠣(かき)」に注目しています。牡蠣は亜鉛の宝庫で海のミルクと呼ばれています。
疼痛緩和、ホルモンバランスの正常化などの効能があります。皮膚の再生にもいいと言われています。

精神薬はホルモンバランスを乱します。内なる力を弱めるのです。ですので減断薬時には「牡蠣」を食べることで
必要な栄養を効率よく摂取できると思います。サプリメントもありますが、やはり自然の食品から摂取したいものです。

この他にも「ゆでタコ」など効果がありそうです。筋肉減少が激しいので、良質のタンパク質をこうした魚介類から
摂るのが自然で理に適っています。

やはり魚介類が本能的に良いという直観があります。
アジいわし、サバなど青魚も効果があります。食欲がなく、嚥下にも支障が起こっている中、
こうしたものは消化に良くなさそうですが、
食べられる間は食べて栄養にしておいたほうが闘病の力になってくれるでしょう。

良質でバランスの良い食生活は、精神面の安定にも効果があり、処方薬依存からの脱却には不可欠な要素だともいます。

こうして減断薬をすすめていくうちに私たち現代人は食生活が乱れたままで過労状態にあったと思います。
そこから来る慢性疲労に
クスリを用いるのはかえって自然治癒力と内分泌を弱めるものだと思いました。

食の乱れ、化学物質汚染。知らない間に人間と社会は汚染されていたのです。

精神薬害は辛くて悲しいですが、こうした「自然への気づき」「内なる力への回帰」を促してくれるのです。

しかしそれでも全身の筋肉減少はとても辛く年齢のことを考えると限りなく行動が制限され、
自らの運命を諦めざるを得ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。