静光動光

ベンゾゾジアゼピン(BZ)離脱に伴う、筋肉衰弱は、

寒いこの時期には一段と増すようで、激しい脱力感と筋硬直が入り交じっています。

内臓は奥から不快感が湧き出る感覚で体の柔軟性が全くありません。

息をしているかどうか」の違いで、「生きている」ことを確認します。

食欲は全くありません。家族からの理解もなく、それどこころか迫害されています。

あらゆる機能が低下する中の「孤立」「不安」が襲っています。福祉に助けを求め

、幾分か「癒し」につながっているものの、根本的な解決には至らず煩悶とします。

こうしてブログを書くことが自らの存在意義を確認する手段です。

「暖かくなれば・・・」「この時期を乗り越えれば・・・」という

淡い期待だけを希望の灯にしています。後悔、反省。今くらいの「謙虚さ」が

30代にあれば・・」と悔やまれます。失ったものの大きさ、多さに気づかされるのです。

「希望」「愛情」こうした感情がいかに大切か。

もし私に他人と競争する過剰な感情が少なければ、精神薬になど依存することなく、

貧しくとも、健康に過ごせたでしょう。健康はお金にかえられません。

お金は必要で大切ですが、健康や愛情、調和といった感情、徳目にはそれ

以上の価値があります。私の親世代は、この辺のところを極端に見失い、

心のアンバランスを起こしていると思うのです。「一病息災」と言います。

病気は不幸で悲しいですが、自らを見つめなおし、愚かさを反省する天恵とも言えます。

しかしそれにしても、辛すぎる毎日ですが・・・

2 件のコメント

  • >もし私に他人と競争する過剰な感情が少なければ、精神薬になど依存することなく、
    貧しくとも、健康に過ごせたでしょう。健康はお金にかえられません。
    お金は必要で大切ですが、健康や愛情、調和といった感情、徳目にはそれ以上の価値があります。

    このくだりの部分は、高僧が解脱をしていく過程のようですね。精神薬も精神科医も糞ですが、一人の人間が高次の領域へ至る手助けとなっているのは皮肉なものです。

    どうか緩和を願っています。

    • 西岡様 健康は宝ということを身を以って感じています。「今の苦痛は一過性のものである」と信じたいです。お言葉感謝致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。