レキソタン減断薬に関するメモ 春温暖で回復への淡い期待

2015年の大幅減薬から3年目。思ったより酷い目に遭っています。体中の器官が萎縮しています。
そう感じるだけかもしれませんが、確かに萎縮しているのです。

胃痛やノドの痛みもこの萎縮から生じていると断定できます。食べても身につかないので栄養をってもダメ。

だからといって食べないわけにはいかない。食べれる間は「バカ食い」と言えるほ

ど食べていましたが、萎縮が進行するにつれ
ほとんど食べれなくなりました。今日は朝に牡蠣(かき)とご飯を塩で煮込み、「おじや」にしました。
昼頃 鮭の切り身を焼いて食べただけです。いつもの卵のバカ食いはありません。

これを嬉しく思うかどうかはもう少し時間がたたなければ
分からないでしょう。こうしてブログを書くこともヒジの筋肉が落ちた今困難を感じます。

腹部の違和感も作業を困難にさせます。
意識は明瞭。但し「思考力」「記憶力」が鈍ったように思います。40代にしては物忘れが激しすぎ

ます。それでも自覚しているだけ、
まだマシだと思います。軽い精神安定剤としてベンゾジアゼピンを大量長期服用すると

肉体的、知的、精神的な損害が激しく、
これを治すのにさらなる化学療法は全くのナンセンスなのと同時に危険だといえます。

今、私は苦しみの中にいますが、
ベンゾジアゼピンより強いクスリを断って良かったと思っています。「これ以上のクスリに頼ら

ない選択をしたこと」が自分の中での大きな励みになっています。

ただ日に日に衰弱していく体は横になるしかなく、

家事はホームヘルパーの助けが必要です。

もうすぐ3月です!「暖かくなれば、萎縮した器官も少しは運動を取り戻し、全身に血が巡り、
自然治癒につながるのでは?」淡い期待と強い期待が入り交じります。

「もう少し筋力があればなぁ・・」とかつて屈強だった頃の自分を

別人のように思いながら、願っているのです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。