<スポンサーリンク>



レキソタン減断薬に関するメモ 胸のあたりの記録

    <スポンサーリンク>



少し暖かいですね。本来なら喜ばしい時期なのに、今朝もベンゾジアゼピン向精神薬の離脱の
筋肉減退症状進行を感じます。

まず胸のあたりに違和感。「左の気管支に穴が開いているのでは?」と思うほど。

咳もあります。食べ物は身につかず。コープ宅配員からも痩せを認められた。
もう誰が見ても「痩せ」が進行しています。

「中枢神経」という単語を出しても理解を得られる。

このままどうなるんだろう?と朽ち果てた体で不安です。

体が壊れていくのに、なぜか理性的です。

毒親からの洗脳が解けた感覚もします。

思慮の浅い父に過保護にされたあげく、見放され放置、ネグレクト。

しかしこれで遅まきながら自我が甦り自分のための人生を送る志が回復。

 

お名前.com



<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1970年代生まれ。近畿在住。単身。 向精神薬害で毎日闘病。機能性ディスペプシア(FD) 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 ブログは毎日更新。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は気分変調症。障害基礎年金2級。障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!