もう諦め半分です

不規則な生活です

非常に不規則な睡眠リズムで生活しています。レキソタンはあくまで精神安定のため。
今ではQOLを上げるためのクスリにはなってません。
これは私の服薬の仕方が良くないのでしょう。

のんだり飲まなかったりの繰り返し。

今では耐性がついてしまいました。精神状態も不安定でツイッター中毒になるなど
最低限の生活リズムさえ整いません。

筋肉減少(萎縮とは思いたくない)は固定化。

今さらどうしようもなく痩せた筋肉と強張った体で家の中をウロウロし、訪問介護、看護を待って
精神の安定にしています。

向精神薬が原因ではなく家庭環境の変化という急激な変化が慢性疾患の原因であると信じたいのです。

これにはどこか精神薬を肯定しそれを以ってQOLの改善をはかりたいといいう潜在意識的な欲求があるからです。

それでレキソタンを肯定するブログ記事やツイッター投稿を眺めたりするのです。

結局どうしたいのか?

こう問われそうですがわかりません。断薬派、服薬派、頓服派などクスリに対するスタンスは
今ではさまざまです。

ベンゾジゼピンという成分名を知った人はほとんど断薬派になっているようです。

私もそうしたいです。しかしあまりに長期に飲み過ぎ、また加齢によるストレス疾患など重なり原因結果がまるでわかりません。

40代ながら毒親問題もあります。

もういい歳です。あまりに年齢が重なり、かつ歳月が流れ過ちに気づいても修正ができないのです。

2015年にある消化器内科医に言われた言葉を思い出します「キミは心療内科の領域!(クスリを)減らそうと思うな!」

今から考えればそれで良かったのかもしれません。
セルシンを削らず一生のんでおけばよかったのかもと。

レキソタンにしてもそうです。

ブログ経由で電話いただいた方にもそう言われました。

もうベンゾジアゼピンという物質から逃れられないのです。

断薬に成功しても長くて4か月程度しかもちません。短くて5日です。

今はレキソタン単剤ですがいつまで続くかわかりません。

もう精神医療の罠にはまりあし抜けができないのです。

福祉の力も一時的で継続的た安心にはつながりません。(それでもあるのとないのでは全然違いますが・・・)

クスリを断って健康・・というわけにはいかない現実を突き詰められます。

家族からも精神的に見放され、今は一族の恥です。

社会的にも実質消された状態です。

ここから這い上がるには相当の知恵と覚悟、ある種の幸運が必要になります。もちろんお金もです。

40代後半、何もかもが遅すぎる状態で障害がある。これで人並みの収入など無理です。

30代ああいておけこうしておけばという悔恨の情に支配されます。

ほんの少しの過ちで人生が狂いました。なにも悪いことはしていません。

薬をのんだり、社会に迎合できないことがそれほど悪いことなのでしょうか?

わたしより社会性の無い人なあど山ほどいます。

もう大人しくレキソタンを増量してあわよくばQOLが高まればそれが本望なのかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<追記>

ツイッターを控えます。当分の間、やめてもいいかもしれません。情報源にいいのですが、
投稿が多すぎブログがメインなのに本末転倒に気づきました。
誤字脱字も少しずつ編集します。

これからブログをメインに注力します。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。