不調一覧 処方薬ベンゾジアゼピン後遺症

  • 処方薬依存 ベンゾジアゼピン後遺症 2015~現在までの不調一覧と概要 

「胃の不調、機能性ディスペプシア(FD)、筋肉減少(腹筋、臀部、括約筋、肩、胸回り、手足ヒジヒザ関節回り、足裏薄化、歯肉、頭皮、顔表情筋)皮膚脆弱、「過食(卵週24個)又は拒食」=空腹感も満腹感もない状態、口渇ドライマウス 乾燥肌(汗をほとんどかかない) 味覚異常 認知機能低下 筋硬直 胃酸逆流、食道カンジダ、慢性胃炎 便秘(現在は緩和)
冬場の入浴多数(10回以上)夏場の月数回の入浴少数(シャワーで済ませている)。咽喉違和感。嚥下違和感、体のチクチク感 グルグル思考、   

全てベンゾジアゼピン離脱症状・後遺症、中枢神経の支障だと推測。ベンゾジアゼピンは中枢神経抑制剤ですから離脱で中枢神経の働きに支障が出ている。食欲中枢、運動中枢に支障。ゆえに2015年~2017年 過去3年で胃カメラ、腹部エコー、大腸カメラ、レントゲンあらゆる検査をしても異常なし。
それどころか内科医から見捨てられ、別の精神科の受診をすすめられたくらいです(過去4件の消化器内科医から)。

もちろんそんな意見はききません。
理解ある福祉と看護を利用してできる限り認知機能 運動機能を高めて生き残りたいです。

先は全く見えません。こればかりは予想できませんが、脳が一部でも健全に動いている限り、障害はあっても、ダメージを受けた脳は、他の脳の健全な部分がカバーして少しずつ年単位で回復すると信じたいです。

自立支援の更新時期

(初出2018年1月28日拙文に加筆補正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

抗不安薬ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 ブロマゼパム、ジアゼパムの2種類を長期服用後、副作用・副作用に陥り療養中です。家族との不仲で、経済的にも窮しています。「障がい福祉サービス」を受けヘルパーさんや、看護師さんとの心温まる日常も綴りたいです。