レキソタン離脱症状の日常

2015年に大幅減断薬した結果、全身の筋肉が削げ落ち、とりわけ横隔膜の強張りが酷いです。
よって胃痛が発生しているのが分かりました。

それまで胃がんやウイルス感染などを疑いドクターショッピングを重ね、救急車は3年で4回も呼びました。

今年は福祉訪問サービス(ヘルパーなど)のお蔭で、正気は保っているものの、肉体症状は
進行しており、毎日が苦しいです。

今訪問看護を受けましたが、3月で一番体調が悪そう」との意見をいただきました。
正式な断薬からまだ11日くらいですが、レキソタンを一旦戻そうか?と考えるほどです。

これでも耐えて凌げば動けるようになるかもしれません。しかしヒジヒザなど関節周りの肉がごっそり落ちており

行動障害が出ています。昨年より進んでいます。ただ腹部 横隔膜の強張りが緩めば、痩せた体でも
機能するかもしれないという淡い期待があります。

ベンゾジアゼピンは神経毒と言われており農薬などと同じだそうです。なので、今の症状は殺虫剤や農薬をのんでしまった

症状と考えれば、耐え抜いたほうがいいでしょう。
ただ就労は不可能で障害年金が頼りになります。「もっと早く手続きすべきだった」という後悔も出てきましたが、
今はとにかく基礎2級を取得したので毎月6万6千円(支払いは偶数月に2か月分)ですので、今から金の算段を考えて
用意周到に行動しなければなりません。

経済的な不安をなくして療養生活に入らなけらばなりません。

苦しい時に苦しいことが続きます。

筋肉の再生はほんの少しずつでしょう。中枢神経に作用していますので、こればかりは見取り図がなく
ただ祈るような気持ちで待つしかありません。

福祉との攻防もあります。助けてもらっているとはいえやはり挙動不審な態度が目立ちます。
私の金回り、とりわけ障害年金を残念がっていた言動から、「彼らは高齢者や障害者の生活保護受給者を相手にした
闇金業者ではないか?」という憶測さえあります。
これもまた不安を増長させつ責め苦です。

今の私は物凄く不利な状況でさまざまな困難と闘わざるを得ません。
知性がまだ残っているので障害年金の手続きを社労士とともにすすめることが出来たのですが
高度に知的、精神的作業で、福祉業者との攻防を考えれば、肉体的ハンデを持ちながら、
離れ業をやったと我ながら感心しています。
とにかく横隔膜の強張りが進む中、経済的不安を障害年金でやわらげることができました。

ベンゾジアゼピン、本当に破壊的です。

なぜこんな目に?と残された知性と精神力で日々を戦っています。

セルシンの断薬から3年、レキソタンも実質断薬中です。
もうどんなクスリもいりません。

しかし痛みに耐えるには何かのまざるを得ないでしょう。

私の症状は重症なのに、訪問サービス業者の認識がかなり配慮が足りないように思えます。

ベンゾ後遺症からの回復はあるのか、毎日必死です。

食事も受け付けない状態、少しでも栄養補給に努めたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。