レキソタンを軸に

すっかり涼しくなってきましたね。

レキソタン定期的に飲んでいます。今までの減薬、断薬が無駄に思えるほど
律儀に飲み始めました。

まだ効くらしくクスリを服用すると胃や胸が少しばかり楽になります。

これまでの苦しい症状、ベンゾ離脱によるものか、過労か、加齢によるものか、
セルシン後遺症か判断がつきません。

セルシン後遺症に複合ストレスが重なったという見方もできます。

なのでレキソタンを服用することにそれほど罪悪感を感じず、むしろ慢性ストレスを緩和するために
必要な薬剤と肯定的にとらえています。

ネットや書籍にある反抗精神薬の情報、知識はまだ若い人、服用歴の浅い人向けで
私のような長期服用で原疾患が肩こり、不眠といった症状のものには必要なのかもしれません。

昨日から朝昼晩、レキソタンを5mgづつ合計15mg服用しました。急な増量だと思いますが、
27日朝は比較的気分良好でです。

落ちた筋肉でヒザ立ちが辛いのは同じですが、内臓、胃の回りのチクチクが少ないので
いつもより身動きがとりやすいです。

やはりこういう時のための向精神薬でしょう。

一時的なものかもしれません。しかしその一時でも人生の重要な時間。
ただ苦痛に耐えるより少しでも楽になって有意義な日々を送る。

この積み重ねがQOLを高めひいては自己治癒力を増すのではないか?という希望を持っています。

ベンゾにやや好意的になりました。

いまさらベンゾを神経症的に断薬しても精神衛生上、肉体の苦痛上にも良くありません。

この3年レキソタン5mg前後で頑張ってきましたが、症状は悪化するのみ。
これは後遺症というより「ストレス」による悪化だと思います。

内科の検査をすると「機能性ディスペプシア(FD)の診断。
これは向精神薬の領域です。

食事療法や運動療法ではあまり効果がないことがわかりました。

一時的にでも症状を抑える。その積み重ねで体力をつけていくのがベターなのではないでしょうか?

いたずらに薬を悪者にして不要なストレスと苦痛に自らをさらし、加えて薬をのんだ自分への罪悪感と自己嫌悪は
とても破壊的です。

カルト宗教がよく使う手繰りです。

このような心理状態になれば本末転倒で人生がより悪い方向に進むのではないでしょうか?

クスリには副作用があります。有害作用もあります。

しかし慢性的なストレス疾患を鎮めるのには麻薬並みの向精神薬しか考えられません。

若い人は断薬すべきでしょう。しかし20年近くのんでしまった者は減らすことは良いですが、
ベンゾの単剤を気軽に飲んでいたほうが安全に思えてきました。

本当の意味で断薬するにしても苦しみに耐えるのではなく適度な服用でQOLを高め自然に断薬していく形が

望ましいと思うのです。

薬の怖さや恐怖を煽る情報に満ちています。

だからこそ冷静になって自分にとって必要最低限のクスリに頼ることが、多剤やメジャーの罠を回避する
知恵だと思うのです。

潔癖症になってはいけません。気楽に過ぎすこと。罪悪感を持たないことが肝要なのです。

ベンゾはアルコールより安全です。必要最小限の服用で日常生活が過ごしやすくなるのなら、

良いクスリに思えてくるのです。

もちろんベンゾだけではなく他の各種療法と合わせれば、ベンゾの効用が引きだされ、QOLの著しい効用が期待できます。

あまりネガティブな情報、恐怖を煽る内容にとらわれないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。